標本シリーズ3-カエルガメ編〜真打ち登場?!
あまり反響のない標本シリーズですが、気にせず続けます(笑)。

さてこのカメ↓は何でしょう??

f0071657_036538.jpg


f0071657_0412037.jpg









南米の「赤いカメ」と言えばもうお分かりですね。

「ルフィー」こと、アカアシカエルガメです。一般的な学名はPhrynops rufipesですが、McCord博士の2001年の論文では、Phrynops属からRhinemys属として独立させ一属一種のRhinemys rufipesとすることが提唱されてます。確かに、尖った吻端は他のカエルガメの仲間とはちょっと異質な感じです。

例によってドレスデンの研究施設で見せて頂いた液浸標本です。当然のことながら、一番の特徴である頭部や手足の赤味はほとんど抜けてしまっていますが、背甲の色は生きているときとそれほど変わっていないようです。

10年以上前に一度だけ日本に入ったことがありましたが、出版物で紹介されることもほとんどなく、ぼくも当時はアメリカにいたので、現物を見る事はできませんでした。もちろん欧米でもまず流通はありません。

f0071657_0413728.jpg


一般的には飼育困難とされていますすが、ずっと前に埼玉の伝説のお店BTの大将の経験談を伺ったところでは、普通のカエルガメと違いすごくシャイな種で、隠れられないことが強いストレスになるようで、そこから調子を崩すのではないかとのことでした。BTでは、丁度よいサイズのシェルターを入れてやりさえすれば、別段水質やエサにうるさい訳ではなく問題なく飼育できていた、とのことでした。ちなみに「丁度よいサイズ」とは、カメがシェルターから出る事なくエサを食べたり呼吸をしたりでき、かつカメが隠れている気持ちになれる大きすぎないものということでした。

その後の国内入荷は全くなく、いわゆる「マニア垂涎」の種の筆頭なのは皆さんご存知の通り。ブチハラやマキシなど南米産の難関種が出そろいつつある現在も、「最も入荷の望まれている南米もの」と言えるでしょう。

あのときに日本に来たコたちはどこかで元気にしてるんでしょうか......。

オマケはクロハラヘビクビガメ(Acanthochelys spixii)。
f0071657_0415282.jpg

一応南米つながりですが、すっごくアホづらが撮れたもので....(笑)。

Show of the Day:
The Who
09/28/00
Phillips Arena, Atlanta, GA
by acanthochelys | 2009-04-23 23:46 | カエルガメ類
<< みゅ〜けりす 伯剌西爾蛇頸亀 >>