驚愕のエクスポ便
一部で話題沸騰、争奪戦が繰り広げられた例のブツ、幸いにもうちにもやって来ました。

赤い耳で、とってもキュート。
頭部に見事な赤いラインの入った、これまで全く日本に入ったことのない、マゲクビたちです。おそらく世界的にも初流通じゃないでしょうか。

頭部のラインはどちらも、誰が見て「赤い」というレベル。もう心眼は必要ありません(笑)。

左の個体がEmydura victoriae、右の個体はEmydura australis(!!!)ということで別の種類ということで入りました。
f0071657_23571852.jpg

Two northern "red-faced" shortnecks: Victoria shortneck (Emydura victoriae) (left) and Kimberley shortneck (Emydura australis) (right). US captive bred 2010.

f0071657_23575111.jpg

左がE. australis、右がE. victoriae
Kimberley shortneck (Emydura australis) (left) and Victoria shortneck (Emydura victoriae) (right).

f0071657_23581982.jpg

左がE. australis、右がE. victoriae
Kimberley shortneck (Emydura australis) (left) and Victoria shortneck (Emydura victoriae) (right).

アカミミマゲクビ(E. victoriae)は、昨年も入ってますが、赤味の強さは一段と強く、おそらく親の系統が全くことなると思われます。口の横のラインや鼻先も赤くて、AFTに出てる写真の通り、まさしくRed-faced turtleです。

もう一方のE. australis(敢えて和名は書きません、理由は後述)の方もRed-facedはまけていませんが、背甲は全体に色が淡く、腹甲は模様がありません。図鑑などの記述どおりに、これがほんとに小さくて赤いマゲクビに育つのか楽しみなところです。

ところでE. australisの「オーストラリアマゲクビ」って酷い名前ですよね。オーストラリアに数あるマゲクビも中で、ほとんど情報のないこの種がオージーのマゲクビを代表するってのはアンフェアな話です。だから上では敢えて使いませんでした。英名のNorth-western re-faced turtleをもとに(北西部赤顔亀)のもダサイし、こまったものです。そもそもaustralってのは「南」って意味、でも住んでるところはオーストラリアでは北部なんですよね。名前って難しいものです。
産地や生息河川の名前を着けちゃうのが混乱が少ないように思います。
Emydura victoriaeは「ビクトリアアカミミマゲクビ」
Emydura australisは「キンバリーアカミミマゲクビ」
ってのはどうでしょう?

ついでにいえばChelodina longicollisの「オーストラリアナガクビ」って和名もヒドいですよね。オーストラリアにはナガクビはイロイロいるのにね。英名のEastern longneckにならって、単純に「ヒガシナガクビ」でいいと思うんですが.....。

よし!これからはそう呼び続けて行こう。
ということでこのブログでは勝手にそう呼んでいくことにします。

ってことで↓はキンバリーアカミミマゲクビ(E. australis)です。
f0071657_235697.jpg

↓これもキンバリー(E. australis)。
f0071657_23584271.jpg


↓ビクトリアアカミミマゲクビ(E. victoriae)です。
f0071657_1154668.jpg


↓石にのってるのがキンバリー(E. australis)、奥にかくれてシャイなのがビクトリア(E. victoriae)です。
f0071657_119575.jpg

Kimberley shortneck (Emydura australis) (on the rock) and Victoria shortneck (Emydura victoriae) (behind).

話はもどって、やはりエクスポは毎年驚かせてくれます。それにしても今回の争奪戦はビックリでした。マゲクビなんて誰も見向きもしないカメだったのに…..。仲間が増えるのはうれしい反面、ライバルが増えるのは複雑です.....。

Show of the day:
Reconstruction
07/22/79
Civic Auditorium, Santa Monica, CA
by acanthochelys | 2010-09-12 23:03 | マゲクビガメ類
<< 今年はやったばい! 夏のおわりの出来事(悪いニュース編) >>