今年も終わりですね。
さて、前の前に気をもたせたプチれぷでのもう一つの新規導入個体の紹介です。

ビクトリアアカミミマゲクビ(Emydrua victoriae)です。

前からいたコ、全く問題のないコで立派なオスに育ったのですが、ビクトリアを飼っている仲間内(通称ビクトリアクラブ)を見渡すと、全員オス個体になってしまいました。

ということで2012年のエクスポ便のベビーと入れ替えちゃいました。

これは導入直後(11月23日)の写真。
f0071657_18173054.jpg

f0071657_18175469.jpg
f0071657_18181966.jpg


もちろんベビーがメスになる保証はありませんが、ここは賭けてみようということで、一から出直しです。

こちらが1カ月たった最近の写真。ご覧の通り、成長線が出てきて完全に軌道に乗った模様です。
f0071657_18185539.jpg

f0071657_18191221.jpg

f0071657_1819357.jpg


一方、今年繁殖成功してくれたトゥルカナメス(Pelusios broadleyi)ですが、ある日気づくと勝手に下段のマッコ(Chelodina mccordi)たちの水槽に引っ越してました(脱走して落下したとも言う)。
f0071657_18231640.jpg

f0071657_18233132.jpg

同居のトゥルカナオスが四六時中激しくアタックするので、嫌気がさして逃げ出したようです。マッコ水槽ではこれまでのウップンを晴らすかのように、相手かまわずマッコたちにマウントしてます....(汗)。

気づけば、もう明日は大みそか。トシをとると一年が早いッス...。

今年の個人的重大ニュースは、トゥルカナの繁殖成功と3月のフレーザー島でマゲクビガメと泳いだことが同着1位ってところでしょうか。

毎月1500名くらい訪問者があるので、一年間では18000人くらいは来て頂いているようです(このうち自動巡回ロボットも入ってますが...)。今後ともこの片隅のブログをのんびりのぞきにきて頂けるとうれしいです。

オマケはクロハラヘビクビ(Acanthochelys spixii)の自家繁殖個体。
f0071657_18235131.jpg

ここまで育って、すでに可愛げがなくなりつつあります。

来年もよろしくお願い致します。

Show of the day:
Grateful Dead
09/24/76
College of William & Mary, Williamsburg, VA
by acanthochelys | 2012-12-30 18:23 | マゲクビガメ類
<< ナガクビたちの冬三態 新刊オージー本! >>