カテゴリ:イベントなど( 1 )
ぶりくら2011など
(2012年10月29日 ウスグロハコヨコは純粋な国内CBでした。渡しの完全な勘違いでご迷惑をおかけした方々、申し訳ありませんでした。)

先週末はぶりくらに行って来ました!
会場だけでなく、前日にショップやお友達の家で見たコたちもあわせてご紹介。

ただし!例によって曲頚類限定ですwww!!

守口Sで見た、ブチハラヘビクビ(Acanthochelys radiolata)トリオ。
f0071657_150839.jpg

のびのび泳いでいました。

胡散くさい〜ずでおなじみKOBUくんの家にもお邪魔しました。
パールホワイトのパーカーナガクビ(Macrochelodina parkeri)。
f0071657_150234.jpg

フラッシュで色が飛んだんじゃないですよ。抜けるような白さとはこのことです。

ワラワラいた、キンバリーアカミミマゲクビ(Emydura australis)。
f0071657_1504186.jpg

f0071657_1505994.jpg

どのこも赤が鮮やかに発色していましたが、別に色揚げなんかしてないそうです。こんだけいればそう遠くない将来にKOBU繁殖個体が出るでしょうね。

そして九レプではチビチビだった、コシヒロカエルガメ(Phrynops tuberculata)。
f0071657_1513678.jpg

f0071657_1561964.jpg

元気に育っていました。

例によって前夜祭は盛り上がりましたよ。すっかりできあがった状態で一次会に現れた方々もおりました。

当日会場ではそれほど曲頚類は多くありませんでしたが、一部にはキラリと光るコたちが(ごく一部ですが...)。

YKのブースで委託で出ていた、ウスグロハコヨコクビ(Pelusios subniger)。
f0071657_1521245.jpg

f0071657_1522894.jpg

f0071657_1524210.jpg

この種は成体もコロコロして可愛いです。それをそのまんま小さくしたような可愛らしさ!ちゃーんと腹甲はくびれていて本種の特徴が出ています。

同じく、オオハコヨコクビ(Pelusios chapini)。
f0071657_1525750.jpg

f0071657_1531334.jpg

f0071657_153308.jpg

口ひげみたいな模様が可愛いですね。

さらにアフリカの至宝トゥルカナハコヨコクビ(Pelusios broadleyi)まで!
f0071657_1534563.jpg

f0071657_154050.jpg

f0071657_1541537.jpg

小さくても、目は青いです。

この写真を撮った直後にお友達がお買い上げでしたー。

最後はこのブログによく来て下さる、日本一のマゲクビ男こと、どようさんの、渾身のCB、
ニシキマゲクビ(Emydura subglobosa)の「まるぽっち」。
f0071657_1543188.jpg

側頭部のイエローラインが、丸くなってて、目と離れているというタイプで、同じ腹で複数出ているそうで、遺伝する可能性があります。

固定できたら、ブランド名は「ディアドロップ」がいいと勝手におすすめしておきました。

ということで、今年もさすが老舗ぶりくら楽しませて頂きました。

前日、当日とお世話になった皆様、また来年もよろしくお願いします。

Show of the day:
Ratdog
04/25/01
Roseland Theater,
Portland, OR
by acanthochelys | 2011-10-07 23:27 | イベントなど | Trackback | Comments(2)