カテゴリ:マッコードナガクビ( 46 )
さいてす
3月も後半に入り、すっかり春らしくなりました。
3月と言えば、ハープホビィストには大変気になるCITESの会議がバンコクで行われていました。

議題は全部で71、このうち爬虫類は16議題でそのほとんど(11議題)がカメ目でした。ちなみに両棲類は3議題でした。

全般の話はどこかでキチンと解説されるでしょうから、曲頚類専門サイトとしては一番気になるマッコードナガクビ(Chelodina mccordi)に関する議題を解説します(多少意訳が入ってるかも…)。
f0071657_16425030.jpg


28番目の議題として、米国が「マッコードナガクビを現行の付属書2から付属書1への変更(つまり昇格)する」ことを提案していました。
(生息域の国でもないのに余計なお世話な気もしますが…)
会議での議決としては以下の通りです:
An amended proposal to retain this species in Appendix II with an annotation “zero export quota from the wild” was adopted together with two accompanying draft Decisions which can be found in document CoP16 Com.I.14.
野生個体の輸出割当をゼロとするという条件付きで現行の付属書2のままとすることになりました(一安心)。ただし、これにはさらに2件の付帯条項が議決されています。
Directed to the Animals Committee
Dec. 16.XX
Include the Roti Island side-necked turtle (Chelodina mccordi) as matter of priority in the Periodic Review of the Appendices at its 27th meeting.
第一は、「次回第27回CITES動物委員会会議でもマッコードナガクビは重要案件として継続的に審議すること」という動物委員会宛の議決。
Directed to the Secretariat
Dec. 16.XX
Liaise with the range states of the Roti Island side-necked turtle (Chelodina mccordi), Indonesia and Timor Leste, to compile information relevant to the Periodic Review of the Appendices for review by the 28th meeting of the Animals Committee.
第二は、「今後の動物委員会での審議に必要な情報を、生息域であるインドネシアと東チモールと連携して集めておくこと」という事務方宛の議決。
以上です。

つまり
「マッコはとりあえずCITES IIのまま、でも野生個体は流通禁止だよ。あと、生息地の情報を今後も精査して、これからもマッコは定期的に議題に載せるからね。」
ということです。マッコのように繁殖個体でほぼ完全にペットニーズをまかなえる種類は、大変妥当な議決だと思います。今後の個体数回復にはなんといっても生息環境の復元でしょうが、場合によっては繁殖個体の放流も考えてもいいのではないかと思います。本来の生息域が小さくて遺伝的多様性がそれほどあるとも思えないし、いわゆるセーフネットとしては十分すぎる個体数がつねに飼育下で維持されているわけですから。

とりあえず一安心でうちのマッコたちも喜んでおります。
f0071657_1650987.jpg


3月中旬なのに福岡では桜がかなり咲いてます。今週末あたりは花見が盛り上がるでしょう。
おまけは、この陽気で完全にお目覚めモードのロンギ(Chelodina longicollis)たち。
f0071657_16503552.jpg

f0071657_16504681.jpg

今日は似たような写真ばかりですね...。

Show of the day:
David Bowie
12/12/78
NHK Hall, Tokyo, Japan

by acanthochelys | 2013-03-19 17:32 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(4)
やっと
マッコードナガクビ(Chelodina mccordi)が卵を産みました。

一昨日の夜半過ぎに上陸して穴を掘り始めたので、この目で卵を産むところ見てやろうとがんばっていましたが、3時過ぎても産まないのであきらめて寝ました。翌朝おきてもまだ産まないので、崩れてきて産めないのかと思い、穴を掘っている周辺を水槽の水をかなりの量掛けて濡らしてあげました。その後外出から夕方もどると水に戻っていたので、陸場掘り返してみると...

f0071657_9473934.jpg


ありました。
でもなんだか去年より色が悪いような感じです。

しかも1個はすでに土中でヒビが入っていました....。
f0071657_948898.jpg

まだ新鮮そうなので、話のタネに食ってやろうかと思いましたが、土がべっとりついてたので思いとどまりました。

f0071657_9475178.jpg

結局7個回収。上の4個は9月に穴を掘らずに産んだ多分ダメな卵です。さっそく王立孵卵室へお願い致しました。

おまけは、東京で発見した、曲頸類切手。
f0071657_948185.jpg

セーシェル1983年発行。
とても見えませんが、Pelusios subnigerだそうです...(笑)。クリイロの勘違いにしてもヘンですね....。まぁ、このへんてこりんな絵柄がカメ切手の醍醐味(笑)?
ずっと探していた切手なので(安かったし)うれしかったっす!

Show of the day:
Furthur
09/18/09
Fox Theater, Oakland, CA
by acanthochelys | 2009-10-12 23:38 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(9)
ニューギニア風
とても珍しいニューギニアとマッコのハイブリです。
f0071657_9415128.jpg


.....うそです。

外飼いのマッコードナガクビ(Chelodina mccordi)2号がメスに反撃されて名誉の負傷を負ってしまいました。
f0071657_942191.jpg

マッコやロンギのオスはよく顔に向こう傷を作りますがここまで派手なのは珍しいです。でもカメの状態には全く影響無しです。

それから、
ロンギコリス(Chelodina longicollis)雑居水槽で最近脱皮した9号を見かけないなーと思って捜すと....、
f0071657_9421083.jpg


目におできができてました(涙)。白濁もしてて視力も落ちてそうです。しかもなんだか拒食が入っていて、もともとペレットは食べないのですが。カンシャもプリンも食べなくなってます...。とりあえずガマルスとアカムシはいやいやながら食べるようなので様子見です。ハツでも買ってきてみようかな...。
f0071657_9422012.jpg

f0071657_942299.jpg

場所が場所だけに切開するのはやめておきます。
以前別の個体にできためばちこ↓は自然と治りました。
http://chelidphil.exblog.jp/7560277/

これから留守が多くなるのに困ったな〜。

Show of the day:
Grateful Dead
07/29/88
Laguna Seca Raceway, Monterey, CA
by acanthochelys | 2009-07-30 09:44 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(8)
いよいよ
ペルシオス研究所の報告の続きもままならないままですが、いよいよ九レプが明日にせまってきました。

マッコードナガクビ(Chelodina mccordi mccordi)の初ベビー元気にしています。
f0071657_17202831.jpg

f0071657_17205431.jpg

f0071657_17211335.jpg

実はこの後産まれた4匹は先日の名古屋出張の後、よくわからない感染症(真菌?)が原因でバタバタと★になってしまいました。ナガクビベビーでそんな経験ははじめてなのでびっくりしました。

同居していたこのコも一時はかなりヤバかったのですが、なんとかもちなおしました。
しかしなぜかアカムシを食べなくなってしまって困ってます....。

ということで今回の九レプにはこのコの兄弟は残念ながらいません。

おまけはウォレルマゲクビ(Emydura subglobosa worrelli)。最近やっと単独飼育にしたせいか、よくのんびりバスキングしています。
f0071657_17212947.jpg

f0071657_17214984.jpg

red-faced turtleの名の通り目の後ろのラインはちょっとだけ赤みを帯びています。もっと赤くならないかなー。

それでは今から九レプ前夜祭に行ってきまーす。

Show of the day:
Perfume
05/10/09
Yoyogi Taikukan, Tokyo, Japan
by acanthochelys | 2009-05-23 17:24 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(6)
2クラ目ハッチ開始
マッコードナガクビ(Chelodina mccordi)3号の2クラッチ目(12月12日回収)、
http://chelidphil.exblog.jp/9886547/
王国に預けてあった卵からのハッチがはじまったとのことで、2匹家へ連れて帰って来ました。
f0071657_19594974.jpg


1匹は既に卵黄も小さく、水ゴケの上をちょこまか歩き回っていて、入水準備完了って感じでした↓。
f0071657_2013481.jpg

が、もう一匹は出て来ちゃったのはいいけど卵黄がプックリで、まだ吸収に数日かかりそうでした↓。
f0071657_2015021.jpg


f0071657_2005462.jpg


1匹目だけ水に入れて溺れないよう確認して、卵黄プックリのコは水ゴケのままラックの最上段の暖かい場所へ.....。

ところが!
翌朝には★になっておりました(涙)↓。
f0071657_2023076.jpg

卵黄が引っ込まないうちはやはり移動させたりしてはいけないのでしょうかね。勉強になりました。

ちなみに11月のクラッチから産まれたコは元気です。
左の黒っぽいのがウチのコ、右は預かりの王国系統。
f0071657_2012761.jpg


右がウチのコ腹甲も黒いっす。左は預かりの王国系統。
f0071657_203358.jpg

っていうか、11月のクラッチは1匹で打ち止めなのかしら...。

Show of the day:
Dave Matthew's Band with Trey Anastasio
01/26/95
Memorial Auditorium, Burlington, VT
by acanthochelys | 2009-03-16 20:05 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(2)
マッコ保育園
我が家のマッコ保育園に王国から新しいおともだちがやってきました。

王国2クラッチ目の最初のハッチです。王様より、このコの立ち上げを仰せ付かりました。
f0071657_1551128.jpg

このコも完品に見えますがどうでしょう?

f0071657_1595847.jpg

うちのコより、やはり腹甲に赤みがあります。甲羅もうちのコに比べて薄いです。


保育園の未満児クラスが2匹になりました。
背甲です。左がうちのコ、右が新入生。
f0071657_21569.jpg


腹甲です。右がうちのコ、左が新入生。
f0071657_221126.jpg

こうして見るとうちのコもへそがふさがって一丁前になってきてますねぇ。

うちのコはつれてきて1週間ほど何も食べなかったのに、このコはかなり活発で、へそもふさがってないくせに、すぐにイトミミズを食べ始めました。さすが王国の血筋、ガッツあるなぁー。

保育園には、まだアカムシを食べられない未満児クラスとアカムシを食べられる以上児クラスがあります(笑)。

このコが以上児さん。王国産初マッコの1匹「元すーぱーおれんじ」です。
f0071657_23541.jpg

f0071657_24335.jpg

f0071657_244150.jpg

だいぶ育ちました。

乾燥川エビに餌付けば卒園です。

未満児クラスの様子です。水面にいるのが新入生、底にいるのがうちのコです。
f0071657_252633.jpg

奥に以上児クラスが見えますね。

未満児クラスこれから新入生が続々来る予定?ですが、どうなることやら....。

ふと気付くと2006年のバレンタインデーに開設したこのブログも4年目に突入しております。
今後ともよろしくお願いします。

Show of the day
Bill Kreutzmann Trio
08/02/08
Seaside Park, Bridgeport, CT
by acanthochelys | 2009-02-20 02:12 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(6)
成長いろいろ
うちの初ベビーのマッコードナガクビ(Chelodina m. mccordi)、よっく見ると甲ずれなしの完品でした!
f0071657_224092.jpg

f0071657_233742.jpg

王国の孵卵技術の高さのしるしと言えましょうか。
いつも甲ずれなんて気にしないなんて言ってますが、完品ならそれはそれでうれしい....。
イトミミズも食べてるようだし、ウンコをちゃんとしてるのも確認できました。これでもう安心です。

ウォレルマゲクビ(Emydura s. worrelli)も成長していますよ。何でも食べるよい子です。
f0071657_241399.jpg

f0071657_251542.jpg

f0071657_261749.jpg


同居のクレフトマゲクビ(Emydura m. kreffti)。うちの親個体が王国で産んだ卵から生まれたコです。
f0071657_271446.jpg


ウォレルとクレフトのツーショット。
f0071657_28918.jpg

クレフトの方がいつもいばっていますが、今のところ目だった喧嘩は起きていません。

ロンギことオーストラリアナガクビ(Chelodina longicolis)の7号(別名オブロンギ)です。ペレット食べてくれないので成長は遅いです。
f0071657_2101211.jpg

f0071657_211013.jpg


こちらがロンギ11号、うちで一番小さいロンギです。
f0071657_212441.jpg

f0071657_212359.jpg

このコも相変わらずペレットは食べてくれません。

最後に残念なお知らせ:
王国に預けていた唯一白濁していたロンギの卵、やはりだめだったようです。あまりにへしゃげてきたために卵をあけてみたんだそうです。
f0071657_2134488.jpg


既にちゃんとカメの形になってるのが悲しいですが、ここまでいったということは交尾も産卵もクリアしてるということなので、今年に期待したいと思います。

Show of the day:
David Bowie
01/09/73
Guildhall, Preston, England
by acanthochelys | 2009-02-15 02:13 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(19)
家にやってきました!
先日生まれたうちのコの初ベビー、王様じきじきに家まで届けてくれました。ありがとうございます!
f0071657_015221.jpg

赤ちゃんらしい頭でっかちの体型です。

腹甲には赤みがまったくありません。
f0071657_016730.jpg


ちょこまか動きます。
f0071657_0163133.jpg


まだこーんなデベソです。
f0071657_017143.jpg


水はまだ不慣れで、泳ぎはぎこちないですが、ちゃんと息継ぎもしてるので一安心。
泳ぎ疲れて流木によじ登ります。
f0071657_0173773.jpg


卵歯がまだ付いています。
f0071657_018543.jpg


お母さん(マッコ3号)とのツーショット。
f0071657_0183428.jpg

これ一度やってみたかったんです(笑)。

イトミミズを入れてみましたが、さすがにまだ食べません。
元気に大きくなーれ!

おまけ:
生後3ヶ月の王国産マッコ。
f0071657_019784.jpg

すーぱーおれんじだったんですが、かなり色はとんでしまいました。まぁ、予想通りですね。かろうじて橋のところに残っています。

Show of the day:
The Other Ones
06/30/98
Nassau Veterans Memorial Coliseum, Uniondale, NY
by acanthochelys | 2009-02-05 00:21 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(10)
ついに、生まれました!
王国の王様から昨日の昼間に
「一匹生まれとるばーい!」
とウレシイ知らせが!
うちのマッコ3号が11月に産んだ卵を預けてあったのです!

さっそく王国に行きまして拝んできましたよー。
f0071657_18223277.jpg

うちのコのベビーがついに誕生しましたー。パチパチパチパチ。

手足を出してから数日そのままだったので、結局殻から取り出してあげたそうです。人間で言えば帝王切開ですかね。
f0071657_18233297.jpg


そのせいかまだヨークサックがでかいです。これがもう少し吸収されるまではわりとじっとしているようですが、手に持つとちゃんと動きます:)
f0071657_182311100.jpg


腹部は意外と赤みがないです。

このコは最初のクラッチ(11月)のコですが、1匹だけ気が早いコだったようで、他はまだのようです↓。
f0071657_1824786.jpg


ロンギの卵(一番右)はまだ生きてるっぽいですが、さらにへしゃげてきました。だめかな....。

12月分もなかなか順調↓。
f0071657_18242685.jpg


さらにうれしいことに、今年1月に預けた分も2個は白濁開始してました↓。
f0071657_18264211.jpg

他のクラッチと受精率が違うのはやはりメス親が違うせいでしょうか。

マッコードナガクビを飼い始めてかれこれ15年、やっと繁殖成功です....。

おまけ:
王国で3度目の越冬中のクロハラ軍団。元気そうです。
過去2年は肌荒れがでた婆ちゃん個体(左上の一番大きいコ)もなぜか今年は問題なし。やっと慣れたんでしょうか....。
f0071657_18272354.jpg

が、なかなか殖えないので王様は少々オカンムリでした。

Show of the day:
Grateful Dead
06/26/73
Seattle Center Arena, Seattle, WA
by acanthochelys | 2009-01-31 10:12 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(10)
今季3クラッチ目
年末あたりからマッコードナガクビ(Chelodina mccordi)5号メスが、陸場にあがって穴を掘ってはやめるのを繰り返しておりました。

ある程度の湿り気がないと穴が掘れないという以前の教訓を思い出し、何度か陸場に水(洗面器1杯分くらい)をザバーっとまいたりしてました。

先週末にも水をまいて、その後病気でダウンしておりました。昨日大分復活したのでふと思い出して陸場を掘ってみると、ありました!

f0071657_17473479.jpg


いつも産んでくれてるメス3号と違って埋めてあるところも少し浅めでした。個数も8個と控えめ。1個は小さいですが、カルシウム沈着もなくタイミング的には問題なかったみたいです。
f0071657_17475687.jpg


これがメス5号。いまひとつ小さいですが、うちの2番手メスです。
f0071657_17482875.jpg


ただしこのメス5号はまだ娘っコで、オスたちにモテてるのをあまり見たことがなかったので、無精卵の可能性は高いです。

さっそくカッコウの親鳥よろしく、またもや王国に預けに行きましたー。
f0071657_17481369.jpg


そして前に預けた卵たちの様子も見せてもらいました。
11月に預けた卵です(http://chelidphil.exblog.jp/9600031/)。
f0071657_17493451.jpg

左の小さい1個はロンギの卵。あとは皆マッコです。6個あずけて5個が白濁しました。残念ながら中央下の1個は途中で発生停止したみたいでした。イケてる4個はすでに中身ミッシリって感じになってました。楽しみ♪
1個だけのロンギは中身はミッシリになってるんですが、残念ながら一部へしゃげていてうまく孵るかは五分五分くらいですかね。

12月に預けた10個(http://chelidphil.exblog.jp/9886547/)も、1個を除きみな順調そうでした♪

11月分と12月分で4+9の13匹、そんなに出て来たらどうしよう、なんて既に余計な心配してます....。

新年あけてネタないなーとぼーっとしてたら、さらに風邪+中耳炎なんていうことになってしまって、今年一発目の記事が今頃になってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

The Dead
01/20/09
Barack Obama's Mid-Atlantic Inaugural Ball, Washington, DC
by acanthochelys | 2009-01-21 17:50 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(4)