<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ひさしぶりです。
出張行っててもどったら忙しかったり、デジカメ壊れちゃったりして間があいてしまいました。
んで新しい写真とれないのであいかわらずJohnの家でとった写真から。
f0071657_064373.jpg

板の上の方で目を閉じてるのがノコヘリカブト(Elseya latisternum)、その下にいるのがウォレルマゲクビ(Emydura subglobosa worrelli)、さらに左手奥でこっちを向いているのがクレフトマゲクビ (Emydura macquarii kreffti)です。ノコヘリカブトやっぱカッコいいです。ウォレルマゲクビ(豪名Diamond Head turtle)は日本未入荷種。ウォレルとクレフトはそれぞれフルスピーシーズ扱いにすることもあります。
この下のタタキ池には前に紹介したエクスパンサやチリメンがいます。

Today's show:
Mickey Hart Band 07/27/00 Roseland Theater, Portland, OR
by acanthochelys | 2006-09-29 00:16 | カブトガメ類 | Trackback | Comments(6)
John宅のエクスパンサ

甲羅干し

taroさんちのコりっぱになってきましたねぇ。

ということで、John Cannのお家でみたエクスパンサ(Macrochelodina expansa)の写真です。エクスパンサと言えば、末広がりの甲羅のイメージが強いですが、それは幼体の特徴で、成体になるとご覧の通り甲羅の両側は平行になります。たたき池の写真でエクスパンサのしたに見えるナガクビはオブロンガ?!
............................じゃなくてチリメン(M. rugosa)です。

f0071657_22194196.jpg
f0071657_22195223.jpg


ちなみに2枚とも同じ個体です。女の子だね。

Today's show:
Sting 07/27/88 Wiltern Theatre, Los Angeles, CA
by acanthochelys | 2006-09-08 21:13 | その他のナガクビ類 | Trackback | Comments(16)
これもニシキ?
f0071657_044577.jpg

シドニー水族館で見たマゲクビガメです。一応プレートにはEmydura subglobosaと書いてありましたが、明らかに日本でみかけるニシキマゲクビとは違う。
f0071657_0441577.jpg

何より腹甲がクリーム色で全く赤みがありません。手足や喉、下アゴにも赤みは見られません。アイラインは太くてラインというより丸みを帯びていて黄色がかっています。しかし目より先にはそのラインは通ってません。白~黄色のアイラインが入るマゲクビは数(亜)種いますが、ウォレルニシキ(E. subglobosa worelli)とキスジマゲクビ(E. tanybaraga)は虹彩に必ず黒いラインが水平に入るんですが、このコは(ちょっと白濁気味ですが)虹彩のラインはありません。残るはクレフト(E. m. kreffti)ですが、いつも見かける全身黄色~鶯色っぽい体色とはかけ離れています。今回はこれ1頭だけ確認できましたが、2003年に行ったときにはたくさん水槽に泳いでいたので、1個体だけの変わり者というわけでもなさそうです。プロポーション的にはニシキだし、やはりニシキマゲクビのオーストラリアの地域変異個体群ということになるのでしょうか....。
しかしどう見ても観賞価値という点ではよくいるニシキの方が上、こんなのが気になるのはやはり変わり者なのでしょうね(笑)。

Today's show:
Rolling Stones 08/25/06 Hampden Park, Glasgow, UK
by acanthochelys | 2006-09-05 23:33 | マゲクビガメ類 | Trackback | Comments(4)