<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
どようさんちのエクスパンサ!
別段うちの子たちに変化がないので....

どようさんちシリーズ第二弾
エクスパンサ様(コウヒロナガクビ(Macrochelodina expansa))でございます。

ぐんぐん成長していることを物語る成長線。水がきれいに保たれていて頭が下がります。
f0071657_1595150.jpg


とぼけた顔に撮れました(笑)。でも次に見に行くときには成長してぐっと凄みを増していることでしょう。
f0071657_20539.jpg


そして一時預かりの療養中の個体も見せていただきました。どようさんの献身的看病のおかげで柔らかかった甲羅が大分硬くなってきたそうです
f0071657_201774.jpg


今年の記事はこれがおそらく最後です。2006年12月27日現在のべ5733人の訪問者の皆様、見に来ていただいてどうもありがとうございます。来年も皆様にとってよいカメ年でありますように!

里帰りの前は、カメの水飼えを忘れずに(笑)。

Today's show:

Grateful Dead 12/31/76
Cow Palace, Daly City, CA
by acanthochelys | 2006-12-28 02:01 | その他のナガクビ類 | Trackback | Comments(7)
Terralogを超えた
巷はクリスマスですが、それとは何の関係もなく....

HLで見せてもらったローレントハコヨコ(Pelusios williamsi laurenti)です。
頭が大きくて全体にゴツイ。目の下の薄ピンクのラインがチャームポイントですね。そしてよく見ると口もとなどにピンクがのっています。
f0071657_19322432.jpg

f0071657_1932493.jpg

間喉甲板の幅が広いのも特長。
f0071657_1934111.jpg

残念ながら他の亜種は見れなかったので、亜種の違いはよくわかりませんでした。

しかし今年のカメ界は、アフリカが熱かったですね〜!
トゥルカナ登場で十分なインパクトだったのに、ここにきて、ビクトリアハコヨコ3亜種まさかの揃い踏みでしたからね。Terralogでも標本しか出ていなかったってのに!
しかも某ショップにはクロハラと見まごうようなカラーリングのベビー(基亜種)まで!!

これらを輸入した業者のサイトにはヒメ(P. nanus)とオカバンゴ(P. bechuanicus)も現在探索中とか...。
こいつらが来ちゃうとPelusiosも残すところあとほんの数種....アフリカ物もついにゴールが近づいてると思うとわずかなさびしさも感じるのだから勝手なものです....。

Today's show:

Grateful Dead 04/24/84
Veterans Memorial Coliseum, New Haven, CT
by acanthochelys | 2006-12-25 19:36 | ヨコクビガメ類 | Trackback | Comments(6)
どようさんちのツル様!
どようさんとこの「ツル様」ことトゥルカナハコヨコクビ(Pelusios broadleyi)であります。
どうです、このオーラのあるお姿!
f0071657_101342.jpg


背甲も美しい。
f0071657_9585144.jpg



そしてこの腹甲。よく似たアダンソンの腹甲は一様にクリーム色ですが、こちらは真っ黒です。そして中央部のプヨプヨしたところ。ハイ、もちろんさわらせて頂きました。あかちゃんの頭みたいでした。
f0071657_9591735.jpg


手足が大きくて、甲羅の開口部も広いということは遊泳性の強い種ということなんでしょうねぇ。
f0071657_9593690.jpg


Today's show:

Grateful Dead with Hall & Oats
Rehearsals 09/23/88
Madison Square Garden, New York, NY
by acanthochelys | 2006-12-21 07:00 | ヨコクビガメ類 | Trackback | Comments(8)
脱皮シリーズ
ブリスベンマゲクビ(Emydura macquarii signata)が脱皮しました。
来たときから甲欠けと歪みがある子でした。成長してもあんまりキレイにはなってません。飼育者の技術不足による成長ムラでしょうね.....。
脱皮前(というか一部脱皮中)↓
f0071657_20345570.jpg

f0071657_2035910.jpg


脱皮後↓
f0071657_20353487.jpg

f0071657_2036426.jpg


女の子です。最近ついに同居のオスとやりあうようになりました。今のところこのコがやられてます....。ブリスベンはおとなしいと思ってたのに.....。

Today's show:

Grateful Dead 09/17/82
Cumberland County Civic Center, Portland, ME
by acanthochelys | 2006-12-18 21:32 | マゲクビガメ類 | Trackback | Comments(8)
亜弾孫
アダンソン(Pelusios adaonsonii)続報です。
ってほどの話はなくって、かわいくてたまらんので写真を載せてみました。

既に手乗りなのだ...なんちゃって。
f0071657_21124324.jpg


背中のキールもりりしい。
f0071657_2113565.jpg


そしてこのキュートな顔
f0071657_21131534.jpg


ペレットは大喜びで食べるくせに、イトメやアカムシはイヤイヤ食ってる変なコです。

Today's show:
Miles Davis 04/10/70
Fillmore West, San Francisco, CA
by acanthochelys | 2006-12-16 07:03 | ヨコクビガメ類 | Trackback | Comments(11)
斑腹
HLで撮影させてもらったコのご紹介その1:
ブチハラヘビクビ(Acanthochelys radiolata)のペアです。上がオスで下がメス。
f0071657_036888.jpg

ペアとは言え2匹は全然ちがうタイプですね。左がオスで右がメス。メス個体の背甲にはきれいな放射模様が入っています。
f0071657_0362074.jpg

腹甲も全然ちがくて右のメス個体はいわゆるブチハラですが、左のオス個体はトゲモモチックな大きな黒斑が入ってます。
f0071657_036349.jpg

今でこそ「Acanthochelys属で一番地味だ」、なんて言われてしまってますが、ちょっと前まで写真ですら拝めない本当にホントに幻のカメだったんですよ!!

Today's show:
Old & In The Way 04/21/73
The Record Plant, Sausalito, CA
by acanthochelys | 2006-12-14 00:34 | その他のヘビクビ類 | Trackback | Comments(6)
チビロンギ7号、8号
ドイツから名古屋経由でやってきた、新入りのチビロンギ2頭です(ロンギコリス7号と8号)(Chelodina longicollis)。
f0071657_21381451.jpg


1頭は甲羅が割と前後に細長くなっているタイプです(下の写真の左側)。
土曜のおとこさんが「オブロンギ」タイプと命名しました(笑)。
f0071657_21382441.jpg


2頭とも腹甲は割と赤がのってます(一緒に来た中には白っぽいコもいました)。
f0071657_21383447.jpg

オブロンギの方が割りにものおじせずに活発にしています。

「8号」と言っても、2号と4号と6号は既に★になっています。3頭も殺した経験から、ロンギはマッコやニューギニア(旧イプナビ)に比べて偏食しやすく繊細なイメージがあります。偏食させないよう、がんばって育てよう。

Today's show:
Grateful Dead 06/17/76
Capitol Theatre, Passaic, NJ
by acanthochelys | 2006-12-12 21:44 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス) | Trackback | Comments(5)
名古屋に行ってきました
趣味の街、名古屋堪能しました。HLのみなさま、土曜のおとこさん本当にお世話になりました。土曜のおとこさんのおかげで名東区Pと春日井Rにもいけました。
今回は御持ち帰りも何点か。
まずは以前から欲しくてたまらなかったアダンソンハコヨコクビ(Pelusios adansonii)。
お店にいるときにさっそく写真を撮らせてもらいました。
f0071657_926502.jpg

オバQみたいな顔、カワイすぎる.....。
f0071657_9271290.jpg

f0071657_9281477.jpg

連れ帰ったその晩から、キョーリンのペレットをパクパク食べてるよい子です。

お店でもたくさん写真を撮らせて頂きました。おいおい紹介していきたいと思います。

Today's show:
Ian Dury & The Blockheads 06/24/85
Hammersmith Odeon, London, UK
by acanthochelys | 2006-12-10 23:31 | ヨコクビガメ類 | Trackback | Comments(7)
ハイブリという判断に落ち着きました。
土曜のおとこさんから、例のナゾのナガクビのさらなる写真が届きました:
f0071657_038089.jpg

f0071657_0381634.jpg

f0071657_038383.jpg

どうもありがとうございます。確かに下のウグイス色の頃からは大分体色が違いますね〜。

んで、これらの写真を海外のナガクビ専門家3人(B. M.、O.R.、G. C.)に見せたところ、ジーベン/チリメンとマッコードの属間雑種(Macrochelodina rugosa x Chelodina mccordi)というこで全員の意見の一致を見ました。また、以下の貴重な情報が聞けました:
「親個体の情報やロカリティのはっきりしない変なのは、雑種扱いにするのが安全。(BM)」
「友人のところではパーカーxロンギ(M. parkeri x C. longicollis)やパーカーxライマン(M. parkeri x C. reimanni)も生まれたことがある。これらは混育していてうっかり偶然できてしまうもので、誰かがワザと作ったりはしたものではないだろう。(OR)」
Macrochelodina属とChelodina属の雑種個体の一般的傾向として、頭部の形状はMacrochelodinaタイプ、それ以外の部分はChelodinaタイプになるようだ。(GC)」
しかし土曜のおとこさんとこのコは頭部だけでなく腹甲もジーベン/チリメンっぽいですね。

ということで、今更ですがカテゴリを「その他のナガクビ類」に変更しました(笑)。

Today's show:
The Police 02/22/81 Festival Hall, Melbourne, Australia
by acanthochelys | 2006-12-02 00:56 | その他のナガクビ類 | Trackback | Comments(2)