<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Tortoises of Australia
John Cannのカメ著書の1冊目「Tortoises of Australia」(1978年発行)。
オージーで"tortoise"と言えば、淡水のカメのこと。今では、"turtle"ということも増えてきましたが、まだまだ使われてます(例えば→ http://chelidphil.exblog.jp/1773304/)。
10年ほど前まだ埼玉にあったR(現春日井)から通販で購入しました。
f0071657_1952563.jpg

表紙はアカミミマゲクビ(Emydura victoriae)。本当に何度も読み返しました。
んで、LAで憧れのJohn本人に会えたのでサインをもらいました↓:)
f0071657_1953256.jpg

こちらはぼくがノコヘリラブになったきっかけの写真↓。
f0071657_19532899.jpg

当然すでに絶版で入手困難ですが、オンライン版が公開されてます↓
http://www.australianportraits.com/aquarium/topics/creatures/tortoises/default.htm

これに続く2冊目のカメ本が皆さんご存知FTAこと「Freshwater Turtles of Australia」ですね。素晴らしいこの本も10年前の出版なわけで、あちこち訂正の必要が出て来てますが、Johnは(執筆中は家族そっちのけでのめり込んでしまうので)奥さんから「もう本を書いてはいけない」とクギをさされているそうです。残念です...。

ちなみにJohnの処女作はビバガの訪問記にも紹介されていた「Snakes Alive!」。こちらは爬虫類(主に毒ヘビ)の見せ物を代々生業にしてきたCann一族とその同業者たちの物語。こちらも(カメではないですが)珍しい写真満載で、読めばおもしろいのはわかってんですが、なかなか読み進めません.....。

Today's show:
Santana 10/14/70
Capitol Theater, Port Chester, NY
by acanthochelys | 2007-01-31 19:54 | 曲頸類グッズ | Trackback | Comments(13)
鋸縁兜
どようさんに連れて行ってもらった名東区Pで、バックヤードにいたのを頼んで見せてもらったノコヘリカブトガメ(Elseya latisternum)です。
ぼくの最もお気に入りの種の一つです。
f0071657_1430188.jpg

f0071657_14305716.jpg

やっぱカッコいいですねぇ。頚すじのトゲトゲもいいし、頭部と甲羅の模様が合ってるってとこがまたいい。腹甲も模様が入ってて味があります。
こいつとクロハラは、初代ウルトラマンの頃の怪獣の雰囲気を感じます(笑)。
写真は撮り忘れましたがメスもいました。いいなぁ〜〜。

ちなみにぼくもその昔ノコヘリ飼ってたんですよ↓。

アメリカで動物園ブリードを運良く入手できました。今思えば信じられないような安値でした(だからぼくにも買えたんですが)。インドネシアから大量に来る他のカブトガメとの違いの分かるお客さんが、当時(おそらく今も)アメリカにはいなかったらしく、「ノコヘリ欲しい、捜してる」と方々で言っていたぼくのところに、わざわざ先方から売り込んできました。
これがそのコ、まだ来たばかりで幼い頃↓。
f0071657_14315634.jpg

その後日本に無事連れて帰って大事に一匹飼いしてました↓
f0071657_14321981.jpg

古いスキャンなので解像度が悪くてごめんなさい(多分捜せばまだスキャンしてない写真があるはずです)。
残念ながら数年前にブリーディングローン先で☆になりました。このコの遺した忘れ形見がちょっと前話題になった国内CBです。

どようさ〜ん、Pのペアさくっと買っちゃって、国内CBよろしくお願いしま〜す(笑)。

Today's show:

Grateful Dead 04/13/86
Irivine Meadows Amphithetre, Laguna Hills, CA
by acanthochelys | 2007-01-26 09:06 | カブトガメ類 | Trackback | Comments(6)
全員集合
うちのマッコードナガクビ(Chelodina mccordi)を全員集合させてみました。1号から6号まで欠番が無いのは今まで1匹も死なせていないことを意味します(^^)。首のおできで皆さんに心配かけた1号(別名ちぃちゃん)が最古参、既に12年の付き合いです。
1号と2号は多分WC、4号と5号はEUCB、6号は国内CBです。3号も多分国内じゃないかなと思います。
f0071657_1364655.jpg

マッコードも微妙に個体差がありますが、この中では2号は甲羅が薄くて、前後に細長い感じですね。あと5号は随分黒っぽくて背甲なんか黒光りしてます。

ひっくり返してもう一枚。大急ぎで撮らないともどっちゃうんですよね(笑)。6号はまだよくわかりませんがオスっぽいです。4.2.0になっちゃう....。
f0071657_1372492.jpg


おまけとして1号と3号のしっぽの比較写真です。
f0071657_139683.jpg

こんなに飼ってるなら殖やせよって言われますよね...。でも飼育環境の不備もあって、まだうまくいってません。3号は産卵経験アリですが、食卵の悪癖があって困ってます....。

Today's show:

Rolling Stones 02/11/99
The Arrowhead Pond, Anaheim, CA
I WAS THERE!!!
by acanthochelys | 2007-01-18 09:54 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(4)
ナガクビグッズシリーズ
今度はぬいぐるみです。シドニー空港で発見して思わず買い占めてしまいました(笑)。
f0071657_20522358.jpg

長い頚の中にはちゃんと関節がはいっていてある程度好きな角度に変えらる優れもの。甲板の配置もちゃんと合ってます。
f0071657_2053216.jpg

曲頸類のぬいぐるみは初めてみました。空港の売り子さんも「これ出たばかりだけど、結構売れてるのよ。」って言ってました。
f0071657_2054739.jpg

タグには「Snake-necked turtle」と書いてあるだけなので、おそらくロンギ(Chelodina longicollis)のつもりのようですが、頚が太いし甲羅が卵型なのでチリメン/ジーベンに見えますね。

ちなみにこちらのサイトにも紹介されてます↓
http://www.thisplaceisazoo.com/products/seaturtle.html#WR81045

Today's show:

Sting with Jerry Garcia
06/25/93 RFK Stadium, Washington, DC
by acanthochelys | 2007-01-09 20:57 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス) | Trackback | Comments(6)
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

またかよと言われそうですが、新年のご挨拶は、今うちで一番フォトジェニックなアダンソンくん(Pelusios adansonii)。今年もアフリカ物が熱くなりそうですしね!
f0071657_15155718.jpg

ペレットも大喜びであります。というかキョーリンの「カメのエサ」が一番好きみたいです。
f0071657_12374268.jpg

子ガメの間だけなのかもしれませんが、橋(背甲と腹甲が腋でつながるところ)に後ろ足に向かって溝があってその腹甲側の縁が結構尖っています。写真ではわかりにくいかもしれませんが、他の腹甲がクリーム色なのと違ってはその溝の部分は焦げ茶色です。
f0071657_12375475.jpg


里帰りの間もカメ達に異常はなく一安心でした。今年ものんびりおつきあい下さい。

Today's show:

Planet Earth Rock And Roll Orchestra
01/02/71 Wally Heider's Studio, San Francisco, CA
by acanthochelys | 2007-01-04 11:29 | ヨコクビガメ類 | Trackback | Comments(8)