<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ニューギニアでしょうか?(加筆あり)
12月にHLで見せていただいたナゾのナガクビです。全体の感じはニューギニアナガクビ(Chelodina novaguineae)(本物の方です)ですが、ニューギニアにしては甲羅がやけに末広がりになってるように感じます。
f0071657_2247811.jpg
f0071657_22472979.jpg

M1がM2より大きいので少なくともマッコードではありません。
f0071657_2248362.jpg
f0071657_22483137.jpg

鼻の白さもニューギニアっぽいんですが...。
バックヤードにいたのを特別に見せてもらいました。ヨーロッパ便だそうで、あちらのマニアもはっきりとは特定できなかった代物だとか。ハイブリと考えるよりはニューギニアの別タイプと考えるのが一番妥当のように思います。まだまだ変なのいますねぇ...。

2011年加筆
今思えばこれはグナレンナガクビ(Chelodina gunaleni)ですね!


Today's show:
Rolling Stones 11/09/69
Oakland Coliseum, Oakland, CA
by acanthochelys | 2007-02-20 22:53 | その他のナガクビ類
甲羅のすれ
アダンソン2号(Pelusios adansonii)は甲羅にすれによるロットが生じてます。
こんな感じ↓で背甲の縁甲板と肋甲板・椎甲板の継ぎ目が傷んでます。
f0071657_1563157.jpg

家に来た当初はふわふわしたアカみたいなものが詰まってましたが、取り除きました。
その下は一応固まっていて、アップにするとこんな感じです。
f0071657_1564393.jpg

腹甲にも何箇所かロットができてます。
f0071657_1565558.jpg

一番大きいのはここ↓
f0071657_157966.jpg


ワイルドなのである程度はしょうがありませんし、元気なのであまり心配してませんが、アダンソンはこの柄が入っててナンボ。これ以上悪化しないよう見守りたいと思います。

おまけ:1号との初ツーショットです。
f0071657_158540.jpg


Today's show:

The Police 06/22/79
Paradiso, Amsterdam, The Netherlands
祝再結成!
by acanthochelys | 2007-02-15 02:36 | ヨコクビガメ類
あだんそん2号!
うちに2匹目のアダンソンハコヨコクビ(Pelusios adansonii)がやってきました!
EZその他に新入荷で一部で話題のアダンソンハコヨコクビ(Pelusios adansonii)ですが、この子はその前にRFに入ってきた便の残りです。

f0071657_148711.jpg

ウチには以前紹介したチビだけだったんでアダルトは初!いや想像以上にカッコいいです。小紋文様もキールもしっかり残ってて、平べったい甲羅のはじはトゥルカナばりにちょっと反ってたりして。頚は長めで、頭部も平べったく、口は下向きに開くので拾い食いも得意みたい。丸っこいベビーとはかなり対照的です。ぼくは大抵のカメはベビー~ヤングが好きだったりするんですが、この種はアダルトの方が圧倒的に魅力的ですね。
f0071657_1572625.jpg

ちょっと甲ズレがありますが(左の第一肋甲板)、まぁ許せる範囲でしょう。
f0071657_1485113.jpg

さすが長期ストック個体。なんと開梱後ものの1分でペレットを食べ始めました!
f0071657_1491030.jpg

あごには一対の小さいバーベルがあります。背甲の手触りもスッベスベでいい感じ。ただし背甲、腹甲ともに擦れによる腐れが出てます。ハコヨコクビは完全にポロリととれる脱皮はしないので、ぼくの少ない経験では甲板の傷は非常になおりにくいです。しかもこの種の場合、形態以上に模様も重要なポイントなので、完全に元通りに治るのは望み薄とは思いますが、まぁ、気長に治療します。


Today's show

Grateful Dead 03/21/85
Coliseum, Hampton, VA
by acanthochelys | 2007-02-11 03:41 | ヨコクビガメ類
森箱横頚
最近また入荷して話題になっている、モリハコヨコクビ(Pelusios gabonensis)です。HLの売約済みのペアを撮影させてもらいました。
f0071657_1062560.jpg

昔から名前だけ有名でしたが、ホンモノが来たのは去年ですね。来てみれば覆面レスラーみたいな頭部のY字の模様など、この種も非常に特徴的。
f0071657_1065356.jpg

アダルトの模様からの推測ですが、おそらく幼体の背甲は茶一色で成長にともなって黒が表れるんじゃないかなと思います。もっさりした印象の強いPelusiosの中でも特にもっさり感の強い種ですね。見た限りでは動きものんびりしてるし。
f0071657_1071325.jpg

中央のシームの長さが肩甲板のところで最大となるのがこの種の特長。でも腹甲にヒンジが多いってのをこの写真を撮ったときには知らなかったので触りそこねました。残念!
まだまだレアですが、アフリカは一旦ルートが開発されると、どどーんと来てしまいそうですね。
ちなみにバイブル2とかRepFileにこの種の名前で紹介されているのは当時は未記載種だったP. cupulatta(シロガオハコヨコクビ、あまり良い名前じゃないですね、Eさんごめんさなさい)ですね。逆に今はこっちを捜してるマニアも多いのでは(笑)?

Today's show:

Ratdog 09/06/98
Hog Farm Picnic, Black Oak Ranch, Laytonville, CA
by acanthochelys | 2007-02-08 09:22 | ヨコクビガメ類