<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ExtraC vol3発売(のはず)
めっきり涼しくなってきました。そろそろベランダのカメを取り込むことを考えないといけませんね。

さて、エクストラクリーパーVol. 3が発売されていると思います。
http://www.seibundo-net.co.jp/CGI/search/syousai.cgi?mode=id&id=03064&key=s_sinkan

不肖私のカブトガメ総覧のパート1の原稿も載っております。当初はElseya属も含めたカブトガメ類全体を扱う予定でしたが、事情により今回はWollumbinia属のみを対象としました。マニアックな人気のあるグループなのでそれなりの需要はあるものと期待してます。文章はさておき、写真は楽しめるものになっていると思います(ちょっと小さいものもあるかもしれませんが)。

では宣伝を兼ねて、没テイクの写真をご紹介します。

ブリスベンのペットショップで売られていたノコヘリカブト(Wollumbinia latisternum)。
f0071657_21483658.jpg


f0071657_21485542.jpg


f0071657_21491064.jpg

ヘンな色合いは店内の照明のせいです。一緒に売られていたロンギやマックよりは高価だったとは言え、もちろん日本では考えられない値段でした。連れて帰りたい気持ちをおさえるのが大変で、手に乗せてしばし恍惚としておりました。(実際はライセンスが無いとおいそれとは購入できないのは前回のエクストラの記事にも書いた通りなのですがね。)

次は、ケアンズ在住chiemomo.comの松井さんから頂いた2点です。

アサートン高原ヤンガバラの野生のノコヘリカブト。虹彩にスポットがあるせいで目つきが悪く見えて、逆にそれがなんともかわいいですね。カッパみたい。
f0071657_225151.jpg


最後はケアンズ近郊タザリレイクスの野生個体のなんとも微笑ましい写真です。写っている個体はすべてノコヘリカブトのようです。この写真はギリギリ原稿に間に合いませんでしたが、同じ場所の別テイクが掲載されています。Check it out!
f0071657_21515161.jpg


松井さんいつも楽しい写真どうもありがとうございます。

ということでエクストラクリーパーよろしくお願いします。

Today's show
David Bowie
02/07/04
The Wiltern LG, Los Angeles, CA
by acanthochelys | 2008-09-26 22:01 | カブトガメ類
Fred Parker & Eric Worrell
究極のナガクビが日本に数個体やってきて、一部では異常にもりあがってますね!

そんなこととは関係なく小さく盛り上がっていこうということで....。

お友達のKOBUくんとこのブリードのパーカーナガクビ(Macrochelodina parkei)、とーっても綺麗です♪。
f0071657_0525116.jpg


実は人生初パーカー。
美人ですねぇ。名前はサラ・ジェシカにしようかな(別にファンじゃないんですが...)。

f0071657_0533821.jpg

f0071657_0542946.jpg


サラちゃん、実はかなりシャイでうちにきてからまだずっと食細いままです。まぁKOBUくんとこでしっかり育てられてるので、そのうちガッツが出てくることを期待してます。

それから!
Expoに突如登場してこれもごく一部のマニアの間で話題騒然となったウォレルマゲクビ(Emydura subglobosa worrelli)、なんとかうちにも連れてくることができました。
f0071657_051397.jpg


とはいえ、はっきり言って、この亜種と確定できてる訳ではないので一応暫定ということで。

f0071657_049040.jpg

f0071657_0494923.jpg


派手な基亜種ニシキマゲクビ(E. s. subglobosa)と違い、こちらはぐっと渋い色合いです。つまり地味!大量に来たりしないで欲しいカメの典型ですね。

f0071657_048574.jpg

虹彩にはかすかに黒いスポットが入っているように思います。ウォレルには必ず入るはずなんだそうです。
ちなみに基亜種にもこれが入るのはご存知の通りですが、キスジマゲクビ(E. tanybaraga)にも入ります。

側頭部のラインは一見イエローで、ウォレルなら赤いはずなのになぁ、とよく見ると、これも目のすぐ後ろのとこだけ赤っぽいように見えます(俺だけ?)
顎の両サイドの白いラインがそれぞれ2本に分かれているのも、いかにもウォレルっぽいですが...。

かなり可能性が高いとは思いますが、所詮は趣味ですので信じて可愛がることが一番ですね!

頭でっかちで、こんなにチビのくせに既に口を開けて威嚇してきます。カワユイ。

f0071657_052144.jpg


バスキングもよくやっています。カップから出して数秒でペレットを食べ始める図太さで、同居している王国生まれのクレフトの方がちょっとビビッてます。

Show of the Day
Lou Reed
07/27/86
Mann Music Center, Philadelphia, PA
by acanthochelys | 2008-09-11 00:59 | マゲクビガメ類
いまそん!!!!!
東京出張のついでに伝説のお店常盤台IFにいってきました。

目的はエクストラ用の撮影ってことでKZさんも一緒でした。

目的はコレ!
マニングカブトガメ(Wollumninia purvisi)!!!!
現物は初めて見ました。

f0071657_19475655.jpg

f0071657_19481556.jpg

f0071657_19485432.jpg

クッキリ入るゴールドのライン、精悍なマスク、やっぱカッコいいわー。

この続きはエクストラクリーパーで(←宣伝)!

ノコヘリカブト(Wollumbinia latisternum)もいたのでこちらも撮影しました。このコは頭と手足がでかくてまたカッコいい。
f0071657_19491048.jpg

f0071657_19492884.jpg


ヒゲもじゃタイプのチリメン(Macrochelodina rugosa)もいました。大陸産ってことでした。
f0071657_19494437.jpg


そしてトリは今巷で話題のオブロンガ(Macrodiremys oblonga)!
f0071657_19495766.jpg

f0071657_19501665.jpg


残念ながら剥製ですが(笑)。ちょっと頸回り詰め込み過ぎです。モニターみたいになってる。

相変わらず濃い品揃えでした。

Show of the day:
The Police
09/03/82
Glen Helen Park, San Bernardino, CA
by acanthochelys | 2008-09-02 22:42 | カブトガメ類
噛まれました(痛い画像)。
出張が立て込んでカメの世話がままなりませぬ。
ふとロンギ(Chelodina longicollis)の入ったタブを見ていてロンギコリス5号の肛門の辺りに異物を発見。ベランダが暗くて、はじめはウンチかなとおもってこすって取ろうとしたりしましたが、これは変だと思い室内でよーく見ると.....

f0071657_19391793.jpg


大事なところを噛まれているではないですか!
しかもメスだと信じていた5号だったのに!!

f0071657_19393891.jpg

ショーック!!!!!!!!!
しかも翌日から2連続出張!!

既に出血は止まっており、赤味もほとんどありません。治りかけ?ウンチだと思ってゴリゴリ擦ったりしてゴメンよ〜〜〜。
とりあえず隔離!
Dr. Kに相談し何もしないことに決定。

f0071657_19402571.jpg

1コめの出張から帰ってきた日は変化なしでしたが、2回目から帰ってきたら炎症がおさまったのか引っ込んでました〜〜:)
しっかしこの尻尾でオスだってんだから、ロンギはわからんです.....。

よかった。でもちゃんと使えるかどうかはわかりません。
もとのロンギ軍団と一緒のしたものかどうか今後悩みどころです....。

Show of the day:
Boz Scaggs
04/07/76
The Roxy, Los Angeles, CA
by acanthochelys | 2008-09-01 23:30 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス)