<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
雌?雄??雌???
↓以前ロンギ5号(Chelodina longicollis)のオチンチンが噛まれたと大騒ぎしました。
http://chelidphil.exblog.jp/8967565/

あの後記事を見た友達からやっぱりあのコはメスじゃないかと電話がありました。その方はリクガメの方なのですが、飼っていたクモノスがほとんど同じ症状になったことがあるとのことで、その方はなんと指でグイグイ押し込んだそうです。すると数日後に卵を産んだんだとか!!ということで卵管脱ではないかとのことでした。
また、別の友達にもオチンチンにしては白すぎる、もしほんとにペニスを噛まれてたら出血が半端じゃないよ、とも言われました。

ということで、やはり5号はメスってことにします。腹甲は全く凹んでないし、尻尾も小さいし、どう見てもやっぱりメスです。

元気になって脱皮をしたので、いつもの記念写真。

脱皮前
f0071657_18443554.jpg


f0071657_18454384.jpg


f0071657_1846075.jpg


脱皮後

f0071657_18461833.jpg


f0071657_1847069.jpg


f0071657_18475312.jpg


今ではロンギ一軍に完全復帰を果たして、ベランダでの冬越し挑戦中です。

Show of the day:
Grateful Dead
06/09/76
Boston Music Hall, Boston, MA
by acanthochelys | 2008-10-31 18:48 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス)
鶴かな、亀かな
一部で話題のトゥルカナCBベビー(Pelusios broadleyi)がうちにやって来ましたー。

f0071657_21165.jpg

どようさんのトゥルカナ王子を預かっていましたが、今度のコが初のマイ・ブロードレイです!
やっぱりちびでも目は青いっす。

f0071657_2113535.jpg

f0071657_2115313.jpg

少し育ってます。

やっぱりザリガニのえさなんかが好きみたいです。
f0071657_2121942.jpg

f0071657_2124234.jpg


ピタリ適温をつけてあげるなんて、ぼくにしては破格の待遇です。
王子さまのお嫁さん候補を期待して一番大きいコを選んできました。

Show of the day:
The Who
08/21/00
Shoreline Amphitheatre, Mountain View, CA
by acanthochelys | 2008-10-29 02:14 | ヨコクビガメ類
いろいろ成長
いろいろ成長してますので報告です:

6月ににたごろう王国で生まれたクレフトマゲクビ(Emydura m. kreffti)、だいぶしっかりしてきました。
f0071657_1314292.jpg


今年の夏は甘やかして屋内でしたが、来年からはベランダでしっかり日光を当てて育てる予定です。
f0071657_1321779.jpg

f0071657_1323857.jpg


次はウォレルマゲクビ(Emydura s. worrelli)、今一番愛情をそそいでいるコです。
f0071657_1434250.jpg


実は導入直後に皮膚病になって皮がべろべろ剥けてたんですが、すっかり治りました。
成長線も出てきて一安心です。
f0071657_1331421.jpg

f0071657_1342089.jpg


お気に入りの寝場所です。
f0071657_1344694.jpg


最後は、どようさんとこからの預かり王子、トゥルカナハコヨコクビ(Pelusios broadleyi)。相変わらず青い虹彩が素敵です。
f0071657_1351130.jpg


この種は食が細いなんて話も聞きますが、このコはいつでも食欲旺盛で、お気に入りは咲きひかりです。
f0071657_1354196.jpg

f0071657_1361520.jpg

f0071657_1363882.jpg

同居していたちびオカバンゴの頚筋に噛み付いてガジガジにしてしまってました。オス確定です....。

ベランダのコたちそろそろマジで取り込まないと.....。

Show of the day:
David Bowie
06/27/00
BBC Broadcasting House, London, UK
by acanthochelys | 2008-10-18 22:50 | マゲクビガメ類
ぶりくらほか
もう一週間前の話しですが、
ぶりくらに初参加して来ました。お友達のブースに入れてもらい、カメでなく殖えたイモリなんかをたたき打ってきました。ほかのかたがたとは売り上げが2桁ほど違い、足代どころか飲み代がかろうじて出るかくらいなのが情けないところです....。
久々にお会いできた古いカメ仲間とかもいておもしろかったです。皆様お世話になりました!

会場で気になった曲頚類は:

Corey Blanc氏の初物ウィリアムズカエルガメ(Phrynops williamsi)。ハッチまでがめちゃめちゃ長いということでした。
f0071657_012577.jpg

f0071657_0123118.jpg


個人的に一番気になったのが、名東区Pで持ち腹で殖えたエドワードハコヨコクビ(Pelusios williamsi lutescens)、最後の1匹。
f0071657_0131587.jpg

f0071657_014142.jpg

f0071657_015727.jpg

少し心が動いていましたが、お友達が即断でお買い上げでしたー。

曲頚でお客を一番呼んでいたのはお友達KOBUくんブリードのパーカーナガクビ(Macrochelodina parkeri)でしょう。うちのコ、サラ・ジェシカ(http://chelidphil.exblog.jp/9038359/)の兄弟たちです。この大きい方も無事売れて、幸せにしているようです(http://ichiro1207.exblog.jp/9339104/)。

実はKOBUくん宅には、前日にお邪魔させていただいて、この兄弟の両親を見ることができました:
これはお母さん
f0071657_016258.jpg

f0071657_0163651.jpg

f0071657_017636.jpg

ご覧のとおり見事な個体でした。しかも、すでに次の卵を持っていました。軌道に乗せてしまったようで、さすがです。

この他KOBUくんちにはナイスなオカバンゴ(Pelusios bechuanicus)のペアや
f0071657_0173787.jpg


ライマンナガクビ(Chelodina reimani)のトリオや
f0071657_018011.jpg


飼育15年超の見事なマタマタ(Chelus fimbriatus
f0071657_0191364.jpg
f0071657_0194383.jpg


などがいました。KOBUくんどうもありがとうございました。

(もちろんKOBUくんといえばアメハコなんですが、ぼくにはあの濃い情報を語る資格はないので、くわしくはご本人の熱いブログででどうぞ!:http://americanboxturtle.blog43.fc2.com/)

Show of the day:
The Who
08/22/00
Sacramento Valley Amphitheatre, Marysville, CA
by acanthochelys | 2008-10-11 23:14 | その他のナガクビ類