<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
今年も最後の日になりました。
にたごろう王国産のマッコードナガクビ(Chelodina mccordi)も順調に成長しております。
f0071657_023780.jpg


さすがに当初のビビッドさは失われてきましたが、それでも腹甲はまだ綺麗でしょ?

f0071657_0234079.jpg

f0071657_0235689.jpg


冷凍アカムシばかりですが、とりあえず成長線が出てきました。もうちょっと体力つけてからスパルタでペレットに餌付かせよう。

今年もいよいよ最後の日になりました。
今年は例年になく多くのコたちを新規導入しました。ぶりくらにも初参加できお友達も増えました。そしてマッコードナガクビがうまいこと産卵まではいたるようになってくれました。ロンギコリスたちも屋外越冬いまのところ問題なしです。来年への希望がもてる1年となりました。

お世話になった方々、遊んで頂いた方々どうもありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。
A happy turtle year to you all!

Show of the day:
Grateful Dead
06/30/74
Civic Center, Springfield, MA
by acanthochelys | 2008-12-31 00:38 | マッコードナガクビ
つるかなその後
トゥルカナハコヨコクビ(Pelusios broadleyi)のベビーその後も順調に育っています。

ひとみは緑色♪
f0071657_1211294.jpg


背甲の様子。
f0071657_1222241.jpg


腹甲の様子。
f0071657_1232456.jpg

順調に育っています。

どようさんちの預かりっコ(オス)との大きさ比較です。
f0071657_1243499.jpg
f0071657_1253650.jpg


かなり成長早いです。メスになってくれるといいな♪

Show of the day:
Grateful Dead
09/15/78
Gizah Sound and Light Theatre, Gizah, Egypt
by acanthochelys | 2008-12-29 22:15 | ヨコクビガメ類
真の「一時預かり」
ワケあってオカバンゴハコヨコクビ(Pelusios bechuanicus)のアダルトペアを預かっております。

オス
f0071657_11111445.jpg

f0071657_1111324.jpg


メス
f0071657_11115121.jpg

f0071657_1112688.jpg

腹甲スレてますが、種親としては問題ナシでしょう。

ペレットをワシワシ食って、もりーっと糞をしてます。

いいカメですが...、うちのキャパではかなりムリがあって、春までが限界ッス。

Show of the day:
Grateful Dead
10/28/77
Soldier's and Sailors Memorial Hall, Kansas City, MO
by acanthochelys | 2008-12-25 11:21 | ヨコクビガメ類
冬至
一昨日は冬至でした。いよいよ寒さ本番ってところですか。
今朝のベランダの気温は6℃、水温は9℃でした。

少し暖かくなってからチェックしました。フタの上にかけた布団等のせいで薄暗いですが、昼間の写真です。
隊長ロンギ1号(左)(Chelodina longicolis)とロンギ3号(右)、ともにメスです。
f0071657_10505127.jpg


3号の腹甲です。
f0071657_10515879.jpg


ロンギ10号(左)ともこみちくん(右)、ともにオスです。
f0071657_10511167.jpg


10号の腹甲です。
f0071657_10522174.jpg


ロンギ5号(メス)(左)とマック6号(右)(Emydura m. macquarii)です。。
f0071657_10513298.jpg


5号の腹甲です。
f0071657_10521099.jpg


水温9度って実は、手を入れてカメを捕まえるにはかなりツラい温度です....。

でも、皆大丈夫そうですね。この調子でがんばれよー。

Show of the day:
Grateful Dead
12/28/83
Civic Auditorium, San Francisco, CA
by acanthochelys | 2008-12-23 21:48 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス)
魚礼琉
ウォレルマゲクビ(Emydura subglobosa worrelli)ますます成長してますよー。
f0071657_21473085.jpg

目の横には基亜種同様黒いラインが入っています。

背甲はこんな感じです。
f0071657_21475175.jpg


腹甲です。
f0071657_2149221.jpg


f0071657_21492286.jpg

側頭部の明黄色のラインは目の近くでわずかに(ほんのわずかに!)赤味をおびています。

今のところ大好物はキャットです。咲ひかりもガリガリ食べます。
巨頭化するかな?

f0071657_21493570.jpg


こんな感じでよくバスキングしていたのですが、同居のクレフトマゲクビが脱走するようになりました。多分ウォレルを踏み台にして縁を乗り越えたようです(以前の記事でそんな写真を紹介しました:http://chelidphil.exblog.jp/9696207/)。なので、このプラケはやめてガラス水槽に引っ越しました

Show of the day:
Grateful Dead
02/23/92
Oakland Coliseum Arena, Oakland, CA
by acanthochelys | 2008-12-20 21:43 | マゲクビガメ類
標本シリーズ1-ナガクビ編
今年の夏にドイツに行きまして、そのときドレスデンのthe Natural History State Collections Dresden, Museum of Zoologyというところにお邪魔してきました。

Museumの名前はついていますが、一般展示はしておらず、主に研究を行っている機関のようです。

ここは有名なカメ研究者のFritz Jürgen Obst博士がおられるところです(お留守でしたが)。

と言うより博士の留守をついて彼の下で働いているお友達に標本室を案内してもらいました。
f0071657_11513589.jpg

温度湿度をコントロールしてある部屋には可動性のラックには爬虫両生類の標本がギッシリ。時間もなくてカメ関係だけを見せてもらいました。

f0071657_11515892.jpg

ライマンナガクビ(Chelodina reimanni)のホロタイプ(完模式標本)、いわばライマンの中の真のライマンです。

f0071657_11521225.jpg

こちらはパラタイプ(補模式標本)。

バケツに入ったままの標本もすごい量がありました。
パーカーナガクビ(Macrochelodina parkeri)ですね。
f0071657_11522318.jpg

こうしてタグを着けて管理しているようです。
f0071657_11523470.jpg


この続きはいずれまた。ちょっとグロいですが、アっと驚く種も登場します。
Thank you very much Markus!!

お口直しにドレスデンの町並みをどうぞ。
f0071657_1152453.jpg


Show of the day:
Grateful Dead
11/08/85
Community War Memorial, Rochester, NY
by acanthochelys | 2008-12-18 00:38
2クラッチ目
マッコードナガクビ3号(Chelodina m. mccordi)、9日火曜朝に陸場でモジモジしておりましたが、後ろ髪を引かれながら出張へ。

先ほど戻って来て、さっそく見るとまたまたお腹がペッコリ。

陸場のカメたちをどけて、掘ってみると。

ありました、ありました。
f0071657_18282777.jpg


f0071657_18284969.jpg

今回は10個です♪!

前回の産卵(http://chelidphil.exblog.jp/9600031/)から、ほぼキッチリ一ヶ月でした。

Show of the day:
Grateful Dead
11/29/79
Public Auditorium, Cleveland, OH
by acanthochelys | 2008-12-12 18:30 | マッコードナガクビ
越冬中
初の出張先からのアップです。

f0071657_8425139.jpg

今朝の福岡の気温は10度。でも越冬隊は元気です。この水温でも、オスはメスのお尻の臭いを嗅いだりしてます、元気だなー。

f0071657_843143.jpg

越冬隊隊長のロンギ1号(奥)と5号(手前)です。

つづいて
f0071657_8431455.jpg

ロンギ10号(奥)とマック6号(手前)です。

最後に
f0071657_8432587.jpg

ロンギ1号(奥)とロンギもこみち君(手前)です。

借り物なのでもこみち君はくわしく調べましょう。
f0071657_852481.jpg

f0071657_8435532.jpg

別に問題はなさそうです。
鼻先の傷はオスの証、メスにちょっかいかけて反撃を受けた痕です。10号にもあります。

保温はこんな感じ:
f0071657_844572.jpg

ビニールシート
の上に発砲シート
の上にゴザ
の上にふとん
の上に段ボール
です。
f0071657_8441675.jpg


エクストラクリーパーでも情報を頂いた現地の方から、ロンギは水温6度なら全く平気と教えてもらって勇気づけられました。しかし水深は40cmはあった方がいいと言われましたが、タブではそれは無理。ということで上のように上面を断熱してなるべく外気温の影響を受けないようにしてみました。

今のところ順調、順調。

Show of the day:
Janis Joplin
02/12/69
Fillmore East, New York, NY
by acanthochelys | 2008-12-09 23:55 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス)
成長中
ツルカナベビー(Pelusios broadleyi)、成長してますよー。すでにベビベビではなくなりました。
f0071657_20916.jpg


虹彩の青さのがぼくのデジカメではうまく写りません(涙)。

f0071657_203318.jpg

f0071657_21659.jpg


配合飼料をとてもよく食べてくれます。

成長していると言えば、
チェコからやってきた2007CBのクレフト(Emydura m. kreffti)、3号とめ命名しました。このコも順調です。
f0071657_212755.jpg


かなり甲高です。
f0071657_215164.jpg


自家繁殖2008CB(4号と命名)との比較です。
f0071657_223964.jpg
f0071657_231469.jpg

大きさの差はこれくらい。

たぶんどっちもメスですね。


今夜は福岡に初雪が降るとの予報が出ています。
ベランダ越冬隊の無事を祈ってます。

将来自分もそこに加えられる予定とは露知らないロンギ2軍の7号(オブロンギ)、屋内でぬくぬくと甲羅干しです。
f0071657_234820.jpg


Show of the day:
Grateful Dead
06/17/75
Winterland Arena, San Francisco, CA
by acanthochelys | 2008-12-05 22:44 | ヨコクビガメ類