<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
フロリダ旅行
世界最大の爬虫両生類のお祭り、ナショナルブリーダーズエキスポに初めて参加してきました!

王様との二人旅で初のフロリダ旅行です。王様は経験者なので頼もしい限り。

とりいそぎご報告です。

最初に行ったのはChelidmanことPaul Vander Schouw氏のお宅訪問。
f0071657_1618569.jpg


ぼくが手に持っているのはヒメマゲクビ(Emydura m. dharra)。後ろの青いシャツの人は彼の有名なBill McCord氏、その後ろでカメラを構えているのはドイツのカメ専門誌Marginataの編集長でTerralogのスタッフでもあるHans-Dieter Philippen氏。裏庭とはいえ、日本との規模の違いに唖然としています。

さてエキスポ本番ではこれまた有名なDennis Uhrig氏に会えました。
f0071657_16181980.jpg


マニアックなスライダーで有名な彼ですが曲頸類もやってます。彼の手によるヌマヨコクビ(Pelomedusa subrufa)のハッチリング。
f0071657_16182948.jpg

やはり最初の頃は腹甲が赤いんですねぇ。学名の通りです。

それからこちらもご存知の方が多いかもしれないホームページEmpire of Turtlesの管理人、Eric Holt氏のブース。
f0071657_16183883.jpg


こんなブースもありました。
f0071657_16184719.jpg

マニアックな種類はいませんでしたが、カメの種類数はここが一番多かったと思います。揃いのポロシャツを着ていたニイちゃん達だったのでぼくらは勝手に「アメリカのHL」(笑)と呼んでいました。

カメだけっていうブースは確かに少なかったですが、カメを扱っている業者は思っていたよりも多かったです。それよりも何よりもカメの有名人たちに会ってお話できたのが嬉しかったですねー。

そうそう、このブログのファンだっていうオーストリアの兄ちゃんに挨拶されたのもうれしい驚きでした。

明けて翌日はさきほどのDennis氏宅にお邪魔させてもらいました。
規模がでかすぎて何だかよくわからないくらいでした。
そこで見せてもらった巨大なヒラリーカエルガメ(Phrynops hilarii)。
f0071657_16185678.jpg


ブログの性格上カメそれも曲頸類のみを紹介しましたが、全般的旅行記はいずれクリーパー誌上で掲載してもらう予定です。またそれぞれのファームで見たカメはブログでも追々紹介していきます。

で、お前は何を連れて帰ってきのかって?
それは手元に届いてからご紹介させてもらいますのでお楽しみに。

....と、夢のような1週間を過ごして帰ってくると、いろいろ仕事がさしせまっていました。
さらにその上にエクストラクリーパーの校正の締め切りが!
昨日の深夜(正確には今日)やっと押し込みました。Kさん、ご迷惑を御掛けしました。

ということでおまけはPaulのお家で見せてもらったElseyaから、
ニューギニアカブトガメとのことでしたが、あまり見かけないタイプですよね(Elseya sp)
f0071657_1619685.jpg


とパプアカブトガメ(Elseya branderhorstii)。
f0071657_16191558.jpg


エクストラクリーパーVol 4はぶりくらでお目見え予定です!!

Show of the day:
Frank Zappa & Mothers
09/23/74
Kulttuuritalo, Helsinki, Finland
by acanthochelys | 2009-08-29 16:21 | カブトガメ類
夏の王国
週末に名古屋からのお客人どようさんと一緒に夏真っ盛りのにたごろう王国へ行きました。

預けてあるロンギ9号(Chelodina longicollis)、腫れはかなり引いてきました。
f0071657_16122549.jpg

食欲も旺盛で回復に向かっています。でも目は上向いたままなのでやはりダメかも......。

王国といえば、最近公になったオブロンガ(Macrodiremys oblonga)!
f0071657_16123877.jpg

一緒にきたうちのムスメが餌やり体験です。日本広しといえどオブ様に手からエサやった小学生はあまりいないでしょう(笑)。「光栄なことなんだぞ。」とよく言い聞かせておきました。

それからエアコン完備のスペースで特別待遇されているマキシご一行様(Hydromedusa maximilliani)。
f0071657_1612489.jpg

避暑に預けてあるうちのチビ(写真左)も食欲を取り戻して、川魚をぱくついてました。すっかり王国の贅沢に甘やかされてしまってます。右の大きいのが王国のメス、シェルターの中にちょこっと見えてるのが王国オスです。

もちろん本職、趣味問わずモロモロの植物もぶわ〜〜っと繁茂しておりましたよ。

こんなものまで!
f0071657_16125858.jpg


さすが王国。

明日からちょっくら旅に出ます。念願だったアレです。
無事帰ってきたら、またご報告致します。

おまけは2008ブリードのマッコ(Chelodina mccordi)。
f0071657_16131199.jpg

ぼくが甘やかして(というか面倒がって)配合への移行をさせてないので、あまり成長してません。留守中はお友達のところにお願いすることにしました。H田さんよろしくお願いします。

Show of the day:
Grateful Dead
08/18/89
Greek Theatre, UC Berkeley, Berkeley, CA
by acanthochelys | 2009-08-18 17:12 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス)
ゴッドハンド
例のめばちこのロンギコリス9号、王国で抗生物質を2回ほど注射したのですが、全然治ってないどころか目の腫れは悪化してます....。

もう左目は失明覚悟かもしれません....。そこで王様が「切開だ!」と大英断。
f0071657_1844312.jpg


訳あって、今少々手先が不自由な僕にかわって、王様直々にゴッドハンドを奮って切開してくれました。
f0071657_18444831.jpg


すると、

f0071657_18445962.jpg


出たーーー。でっかいタマみたいなのが、ゴロンと!!アテローマってやつでしょうか。

傷跡に抗生物質の軟膏を塗り込んで、また水中へ。

ちなみ、陸揚げしていじけさせるより、すぐ水中にもどしてエサをバンバンやって回復させる、ってのが王国のしきたりのようでした。

んでさっそくカンシャをやると、
f0071657_1845961.jpg


パクリと食べました♪
残りのカンシャも全部食べたそうです。

王様によれば「今まで目がムズムズ痒かったのが無くなってきっと気持ちいいんよー。」だそうです。

おお、これで、命は取り留めそうです。王様ありがとう!

ちなみに、9号メスのコードネームは「お岩」に決まりました.....。

Show of the day:
Grateful Dead
08/16/69
Max Yasger's Farm, Bethel, NY
"Woodstock Music & Arts Fair"
by acanthochelys | 2009-08-12 18:48 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス)