<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
やっと
マッコードナガクビ(Chelodina mccordi)が卵を産みました。

一昨日の夜半過ぎに上陸して穴を掘り始めたので、この目で卵を産むところ見てやろうとがんばっていましたが、3時過ぎても産まないのであきらめて寝ました。翌朝おきてもまだ産まないので、崩れてきて産めないのかと思い、穴を掘っている周辺を水槽の水をかなりの量掛けて濡らしてあげました。その後外出から夕方もどると水に戻っていたので、陸場掘り返してみると...

f0071657_9473934.jpg


ありました。
でもなんだか去年より色が悪いような感じです。

しかも1個はすでに土中でヒビが入っていました....。
f0071657_948898.jpg

まだ新鮮そうなので、話のタネに食ってやろうかと思いましたが、土がべっとりついてたので思いとどまりました。

f0071657_9475178.jpg

結局7個回収。上の4個は9月に穴を掘らずに産んだ多分ダメな卵です。さっそく王立孵卵室へお願い致しました。

おまけは、東京で発見した、曲頸類切手。
f0071657_948185.jpg

セーシェル1983年発行。
とても見えませんが、Pelusios subnigerだそうです...(笑)。クリイロの勘違いにしてもヘンですね....。まぁ、このへんてこりんな絵柄がカメ切手の醍醐味(笑)?
ずっと探していた切手なので(安かったし)うれしかったっす!

Show of the day:
Furthur
09/18/09
Fox Theater, Oakland, CA
by acanthochelys | 2009-10-12 23:38 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(9)
速報!これが本物だ。
まさかの連続投稿です。

ヨーロッパのカメ友達からすごい写真が送られて来ました。

f0071657_1113543.jpg


アフリカ曲頚最後の謎だったウペンバハコヨコクビ(Pelusios upembae)です!!!
The last "enigma" in African turtles, "Pelusios upembae" is finally surfaced!!

Terralogはもちろん昨年発行のBill Branch氏のアフリカ大陸のカメ本の決定版「Tortoises, Terrapins & Turtles of Africa」でさえ、生きている写真は紹介されていませんでした!!

f0071657_1115941.jpg

f0071657_1122640.jpg

Photographs of live specimen have never been published even on Terralog or Bill Branch's famous "Tortoises, Terrapins & Turtles of Africa".

頭部は地色が茶褐色で細かい模様に覆われています。別の写真ではもっと黄色がかってるコもいました。ウィリアムズハコヨコには同じような色彩のコがいますが(たとえばクリーパーNo 35の表紙)、ウィリアムズでは目の下の甲板や唇が明色になるので、それともまたかなり違った雰囲気ですね。
The head is yellowish orange and covered with fine vermiculated pattern.

f0071657_1133867.jpg

黒目がちなところ(つまり虹彩が黒い)や頭が大きいところ、オカバンゴハコヨコクビに似ています。
Dark color in iris make the turtle cute, reminding us Pelusios bechuanicus.

f0071657_1135823.jpg

f0071657_1142911.jpg

全体のプロポーションも、腹甲の色と形もオカバンゴに似てますねぇ。
Plastron color and shape is very similar with Pelusios bechuanicus.

f0071657_1171869.jpg

f0071657_1173732.jpg

f0071657_120861.jpg

...いやいや、本当にアフリカ曲頚類のカウントダウンは「1」になりました。あとはマランハコヨコだけですね。こちらは割と写真が紹介されているので、大きなナゾだったナヌスとウペンバはついに解決されたという訳です。

地味ですか?
....いいんです。わかるひとだけわかれば。

All photographs provided by Hynek Prokop.

Thank you so much Hynek!!
Hopefully you will breed them soon:)

Show of the day:
Bob Dylan and Grateful Dead
07/10/87
John F. Kennedy Stadium, Philadelphia, PA
by acanthochelys | 2009-10-08 01:26 | ヨコクビガメ類 | Trackback | Comments(13)
ぶりくら2009など
週末はぶりくらに行って来ましたー。
f0071657_9201531.jpg


ん?間違ったイベントに来たかと一瞬アセリましたが、合ってました.....(笑)。
例によって曲頚類だけご紹介....。イベント全体の報告にはぜんぜんなっておりませんのであしからず....。

UくさいーずのKOBUくんちで見せてもらった、KAZUさんブリードのヘーゲカエルガメ(Phrynops (Bufocephala) vanderhaegei)。Bufocephalaを認めると一属一種ですな。
f0071657_920548.jpg

f0071657_9231112.jpg

f0071657_924483.jpg

いいですねぇ。当日はKAZUさんのブース前はずーっと人だかりで結局そこでは撮影できませんでした....。

それからYKの出してたキバラハコヨコクビ(Pelusios castanoides)。日本初ブリードでしょう。
f0071657_9242455.jpg

f0071657_9244290.jpg

f0071657_925395.jpg

親からは想像もできない美しさです。腹が赤い!

同じくYKブースのマダヨコベビー(Erymnochelys madagascariensis)。
f0071657_9252710.jpg

f0071657_9255474.jpg

ベビーは初めてみました。素晴らしい!

結局うちに連れ帰ったのはコレです!
f0071657_9305743.jpg

f0071657_9311912.jpg

ぶりぃ堂今年の新作、オカバンゴハコヨコクビガメのフィギュア。
毎度のことながら素晴らしいできばえです。

他には今年から初参加Age'sブースにクレフトマゲクビやマッコードナガクビも出てましたって....。自分が手伝ってたところやーん!なので写真はこちらをご覧下さい:
かめぞーさんありがとう!

前夜祭、打ち上げとお話していただいた方どうもありがとうございました。また来年!
その前にとんぶり参戦のかたも多いのかな?

おまけは先日の名古屋行きで連れ帰って来たHL店内ブリードのナスタカエルガメ(Batrachemys nasuta)。
f0071657_9262269.jpg

f0071657_9264034.jpg

f0071657_927430.jpg

頭がデカくてめんこいのう....。
実は巨頭系カエルガメは初体験だったりします。どきどき。

Show of the day:
Bob Dylan and Grateful Dead
07/04/87
Sullivan Stadium, Foxboro, MA
by acanthochelys | 2009-10-06 22:58 | カエルガメ類 | Trackback | Comments(6)
お宅訪問横浜編!
先日、関東方面に出張がありまして、こちらのブログにも来て頂いているぴろぴろさんのお宅を訪問してきました。

まずお宅はベッドとその下のPCとTVのスペース以外は全て水槽ラックという非常にストイックな空間でした!

たとえば、窓際はこんな感じ。二段の水槽がタブの上にセットされています。
f0071657_156995.jpg

一番上にはブチハラヘビクビ軍団、中段はオオアタマヘビクビ軍団、下段のタブにはオオヨコクビはじめ、ヨコクビ類、マゲクビ類が泳いでいました。
f0071657_1564230.jpg


綺麗に育っているオオヨコクビです(Podocnemis expansa)。
f0071657_1572395.jpg


陸場ではオカバンゴハコヨコクビ(Pelusios bechuanicus)とサバンナヨコクビ(Podocnemis vogli)が仲良くバスキングしていました。
f0071657_1575435.jpg


ブチハラヘビクビ軍団の乱舞も圧巻です(Acanthochelys radiolata)。
f0071657_1584234.jpg


そして、これが見たかった、オオアタマヨコクビです(Peltocephalus dumerilianus)!!!
f0071657_1593530.jpg


初めて見ました!!
f0071657_20454.jpg

f0071657_204153.jpg

でっかい頭部が大型の甲板に覆われていて、何とも独特の顔つきです。
敢えて言えば一番似てるのはやはりマダヨコでしょうか...。

そしてナガクビ編。
ナガクビ西の横綱、オブロンガ様ことコウホソナガクビ(Macrodiremys oblonga)!
f0071657_213790.jpg


そして東の横綱、エキパン様ことコウヒロナガクビ(Macrochelodina expansa)は、驚いたことに5匹もいました!!
f0071657_222945.jpg


おなつかしや、エクストラクリーパー1号の表紙になったチリメンナガクビのオーストラリア産個体がいました(Macrochelodina rugosa)。
f0071657_232064.jpg


チリメンと言えば、ぴろぴろさんがご自慢のネットワークを駆使して探し出したという巨大な個体もいました。
f0071657_235935.jpg


それからこれも実物をナマで見たのは初めてだった、チモールナガクビ(Chelodina timorensis)。
f0071657_244241.jpg

f0071657_251787.jpg

f0071657_253652.jpg

背甲正中にはグルーブが入り、頭部はマッコより前後に長くてゴツイ感じです。

カクレガメ(Elusor macrurus)もいました。
f0071657_263069.jpg

まだ若い個体でしたが、巨大個体を育て上げるぴろぴろさんの技術で大きく育ってもらいたいものです。

トゲモモヘビクビ(Acanthochelys pallidipectoris)、なんだか随分頚のトゲが立派な個体でした。
f0071657_272529.jpg


そして、ぴろぴろさんと言えばやっぱりコレ!
世界最小の曲頚類、ナヌスことヒメハコヨコクビ(Pelusios nanus)。
ぴろぴろさんのおかげで世界で初めて輸入に成功したのです!
f0071657_281119.jpg

f0071657_283396.jpg

きれいにレイアウトされた水槽で飼われていました。バスキングがとても好きのようですね。
f0071657_29191.jpg

f0071657_294295.jpg

でも近づくと水に入ってエサをねだってきます。やっぱカワイイなー♡。

毎度のことながらこのブログのお約束で曲頚類だけを紹介しましたが、曲頚類も潜頚類まだまだたっくさんいました。さすがビバガとクリーパーの両方で紹介されただけあって、濃かったです。

ぴろぴろさんどうもありがとうございました。

さて今週末はぶりくらですね。飲み会及び会場では、皆様どうぞよろしくお願いします。

Show of the day:
Grateful Dead
10/01/88
Shoreline Amphitheatre, Mt. View, CA
by acanthochelys | 2009-10-01 23:28 | ヨコクビガメ類 | Trackback | Comments(5)