<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
越冬隊2009 & 棘腿成長
寒くなりましたねー。

ここ1週間ほどの寒波でベランダ越冬隊が心配になり覗いて見ました。
メンバーは昨年と変わらず、オーストラリアナガクビ(Chelodina longicollis)5頭とマック(Emydura macquarii ssp)1頭。
実は冬眠突入前の水替えをしそこなってちょっと心配していましたが、温度が下がるとともに、水は澄んできてました。澄んでるから水質がいいって訳では無いですが...。
f0071657_17291262.jpg


いつもはこんな感じで防寒しております。
f0071657_17292432.jpg


上の黒いコが借り物ロンギ「もこみちくん」、下がロンギ5号。
f0071657_17293427.jpg


撮影時の水温は6度!
でも蓋を開けて明るくなったせいか、ノソノソと水中を動いていました。タフですねぇ。

ちなみに防寒対策を何も講じていない裸の水槽(かめすくいのミドリガメが入っている)は水温4度でした....。ルンペンハウスみたいな防寒ですが、役には立っているようです。



それから....、
ちょっと前に撮影して紹介しそこなっていた、トゲモモ軍団の近況です。
我が家にトゲモモヘビクビ(Acanthochelys pallidipectoris)が来てから10ヶ月がたとうとしています。
f0071657_17294453.jpg

f0071657_17295251.jpg

相変わらずペレットをもりもり食べる良いコたちです。

以前の惨劇(http://chelidphil.exblog.jp/11486113/)の張本人、根性悪の3号だけは隔離しています。照明無しのケースに収容しているので、このコだけコケむしてません...。

他の3匹はごちゃっと飼っていますが、仲良しです。
4号はオスっぽくて、あとの3匹はメスっぽいですが、まだよくわかりません...。まぁ4匹いれば偏ることは無いのではないかと....。

これは2号。
f0071657_1730280.jpg


トレードマークの「棘腿」も大分りっぱになりました。
f0071657_17301242.jpg


ちなみに↓は4月の頃の写真、まだトゲらしくなっていませんでした。
f0071657_1865070.jpg


ついでに1号のお尻も...。
こちらは3月の様子:
f0071657_1004236.jpg


こちらが現在です:
f0071657_17302317.jpg


そうそう、EZの店長の労作、「爬虫類・両生類ビジュアル大図鑑」ってのが出ましたねー。

http://www.amazon.co.jp/爬虫類・両生類ビジュアル大図鑑-海老沼-剛/dp/4416709315/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1261643950&sr=1-1

オーストラリアナガクビとクレフトマゲクビは、うちのコが登場してますーww。
ハチュ好きへのクリスマスプレゼントに最適ですね!
メリークリスマス!!

Show of the day:
Santana
07/04/71
Fimore West, San Francisco, CA
by acanthochelys | 2009-12-24 08:54 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス) | Trackback | Comments(6)
夢のハイブリッド
週末は福岡はプチレプで盛り上がりました。

さて、SNSでは紹介していましたが、許可がでましたのでこちらでも掲載致します。

ちょっと前にEUのお友達から頂いた画像。
個人的にはここ数年で一番の衝撃です!?!!!!

まずはご覧下さい。
f0071657_11504739.jpg

f0071657_11505895.jpg

おわかりでしょうか?

ニシキマゲクビ(Emydura s. subglobosa)とパーカーナガクビ(Macrochelodina parkeri)の属間雑種です。
F1 hybrid between Emydura s. subglobosa and Macrochelodina parkeri.
f0071657_1151870.jpg

f0071657_11511876.jpg

Unusually beautiful "long" neck turtle:)
All photographs were provided by Hans-Dieter Philippen.
Thank you so much, Hans-Dieter!

模様は全体的にニシキマゲクビが目立ちますが、頭部の網目模様はパーカーの表現型が出てます。そのためニシキのトレードマークの側頭部のイエローラインが乱れています。

頸の長さはちょうど両者の中間くらい。よく見ると甲羅の形も中間的です。

残念ながら腹甲のカットは無いのですが、おそらくニシキの赤が残っていると思われます。
これは鑑賞価値がめちゃめちゃ高いです。頸が長くて派手って曲頸好きにはある意味究極でしょう!!

しかも全く同じ表現型のコが3頭産まれているそうです。
(事実2枚目のコは別の個体ですね)

新品種「ニシキナガクビ」として固定する方向も当然アリですね。ニシキのように飼い易ければさらに文句ナシですな。

しかしよく考えると2種ともインドネシアルートで比較的よく飼われている種。混育している方も多そうですが、こんなことも起こるのですねぇ。

どなたか挑戦してみませんか?

おまけはガイアナカエルガメ(Batrachemys nasuta)。
f0071657_11512868.jpg

f0071657_1151373.jpg

ピタ適を敷いてもらってニコニコです。

いよいよ師走、寒くなって来ました。
そろそろベランダ越冬隊も本格的に冬装備してやらないと....。

Show of the day:
Grateful Dead
10/26/71
The Palestra, U. of Rochester, Rochester, NY
by acanthochelys | 2009-12-01 09:40 | その他のナガクビ類 | Trackback | Comments(10)