その分レア曲聴けて、いいんじゃない?

ストーンズ中国初公演は検閲付き
[北京 28日 ロイター] 今年4月、ローリング・ストーンズがいよいよ中国本土でコンサートを行うが、公演では中国政府の検閲に従う方針だという。主催元が28日、明らかにした。

英国のベテラン・バンドのストーンズは2003年春、中国で初公演する予定だったが、新型肺炎(SARS)感染拡大で中止となった。主催のEmma Entertainment社はウェブサイト(http://www.emma.cn/)で、ストーンズは「ア・ビガー・バン」ツアーの一環として、4月8日、上海で初の中国公演を行う、と発表した。
同社によると、ストーンズは絶対に中国政府とトラブルを起こすつもりはないという。
中華人民共和国文化部は2003年、ストーンズ・サイドに「夜をぶっとばせ」「ブラウン・シュガー」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ビースト・オブ・バーデン」の4曲を演奏しないように、と通達した。
理由は説明されていないが、この4曲はストーンズのヒット曲の中でも、露骨な性的表現が多い曲だ。
同社は「今回、ストーンズはおそらく、これらの曲を演奏しないでしょう」とコメント。
「ストーンズは、中国と西欧の相違を理解しています。中国政府に反することは一切しない方針です」
ストーンズの暗い曲、「アンダー・マイ・サム」「悪魔を憐れむ歌」などは演奏される予定。ストーンズは何十年も前から、中国本土でロックの饗宴を繰り広げたい、と望んでいた。それを考えれば、4曲の演奏を控えることくらい、軽い代償だ
1970年代後半、ストーンズは中国公演に関する話し合いを行った。しかし当時、中国は西洋による文化汚染を強く警戒していた時代で、計画は実現しなかった。
上海グランドステージで開かれるコンサートのチケットは300元〜3000元(約4300円〜4万3000円)。
同社は「世界的に有名なローリング・ストーンズが初めて中国本土にやってきます。音楽ファンはこれを見逃しちゃダメだ!」とアピールしている。

[日本語訳:ラプター]

Stonesが上海公演ではBrown SugarとHonky Tonk Women演奏できないんだって。Let's spend the night togetherとBeast of BurdenもNGだそうな。
しかしUnder My ThumbとSympathyが「暗い曲」とは....(笑)。
不満に思う人も多いかもしれませんが、コアなファンとしては歓迎します。だってその穴埋めにレア曲が演奏される訳でしょう。
だいたいその辺の超々有名曲はを全部毎回やんなくってもいいって。なんだったらもっと制限かけてくれたほうがおもしろいライブになりそう。

ずっと探してて最近やっとゲットしたクロハラの切手です。↓
f0071657_2374452.jpg
この子供の描いた絵みたいなところが味があっていいんす。ちなみにクロハラが使われてる切手はこれ1種だけです。

Today's show:
Rolling Stones 02/18/06 Praia de Copacabana, Rio de Janeiro, Brazil
# by acanthochelys | 2006-03-02 12:23 | クロハラヘビクビ | Trackback | Comments(2)
鳥のおりんぴっく
やっぱり同じこと考えてたやつがいる(笑)!

鳥の オリンピック?
脱皮写真腹甲から

f0071657_21421100.jpg




f0071657_2144187.jpg


Today's show:
Grateful Dead 06/24/73 Memorial Coliseum, Portland, OR
# by acanthochelys | 2006-02-27 21:07 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(0)
おでかけですかー。
最近、周りにカーリングやりたがってるひとがやたら多いです(笑)。レレレのおじさんを思い出しますね。
しかし「トリノオリンピック」は何度聴いても「鳥のオリンピック」に聞こえる。

昨日の抜け殻です↓
f0071657_2341432.jpg


Today's show:
Grateful Dead 01/03/70 early and late shows Fillmore East, New York, NY
# by acanthochelys | 2006-02-24 23:36 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(2)
ムケました。
マッコード2号(オス)です。

コケだらけ↓
f0071657_2319207.jpg


スッキリ↓
f0071657_23194922.jpg
ペリっと、むくときは快感です。

Today's show:
Grateful Dead 12/01/73 Boston Music Hall, Boston, MA
# by acanthochelys | 2006-02-23 23:25 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(4)
例のニュースのせいか
マッコードナガクビが一部で品薄というウワサを聴きました。
本当に好きなひとだけが買っていることを願います。日本人ってレア物ってだけで欲しくなるひとが多いからな〜(お前もだろう、ってつっこまれそうですが....)。

うちの大きなメス(マッコード3号)の若い頃↓
f0071657_20271823.jpg

Today's show:
Grateful Dead 08/04/79 Oakland Auditorium Arena, Oakland, CA
Lost Sailor> Deal!!
# by acanthochelys | 2006-02-22 20:30 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(0)
肌荒れ
チビロンギ(ロンギ5号)こんな感じです。頚と手足に肌荒れが出てます。ぱっと見は低温飼育で起こるいわゆる「しもやけ」に似てますが、保温電球夜間もつけっぱなしなので温度が低すぎるってことはありえないんだけどな。でも食欲も元気も◎(腹の肉がはみ出してるでしょ)。イソジン乾燥療法開始です。

f0071657_0213514.jpg

Today's show:
Old & In The Way 11/04/73 California State College Sonoma, Cotati, CA
# by acanthochelys | 2006-02-20 22:53 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス) | Trackback | Comments(0)
新年会
昨日は、カメ仲間と飲み会でした。
おもしろいブログを教えてもらいました(Nさんありがとう!):
http://shokokinawa.blog18.fc2.com/blog-entry-165.html
あいたた、それってセマルだよね。しかもなんだかとっても弱ってるみたい....。当人たちは大まじめでちょっとつっこめない。

シロハナとかイプナビとかスルシフェラとか呼ばれることが多いですが、これが本当のニューギニアナガクビ(Chelodina novaguineae)です
f0071657_19574483.jpg
でも随分前の写真。そろそろ新しい写真とらなきゃ....。

Today's show:
Grateful Dead 09/08/87 Civic Auditorium, Providence, RI
# by acanthochelys | 2006-02-19 19:48 | その他のナガクビ類 | Trackback | Comments(1)
皮膚病?
気づいたら一番チビのロンギ(Chelodina longicollis)(ロンギ5号)の首に白いブツブツが!
ウィローモス入れ過ぎでよく見えなくて気づいてませんでした。
でも大丈夫。一晩乾かしてイソジン塗っておけばたいてい治る(ハズ...)。

f0071657_239994.jpg
このまま暖かくなるといいな。

Today's show:
Grateful Dead 02/17/79 Oakland-Alameda County Coliseum Stadium, Oakland, CA
Last show with Keith and Donna!!
# by acanthochelys | 2006-02-17 23:13 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス) | Trackback | Comments(3)
おめでとう
今日はうちのムスメの13回目の誕生日!
おめでとー。いろいろ大変だけどがんばれよ〜。
写真は8年前です。このジョフロア(Phrynops geoffroanus)は残念ながら3年後に☆になってしまいました。f0071657_184311100.jpg

Today's show:
Jerry Garcia Acoustic Band 10/17/87 Late show
Lunt-Fontanne Theatre, NYC, NY

# by acanthochelys | 2006-02-16 18:43 | その他の曲頚類 | Trackback | Comments(2)
マッコード先生もびっくり
 蛇のような長い首でペットとして人気があるインドネシア産淡水亀の一種が、日本や欧米向けの違法な捕獲と密輸で絶滅の危機にあるとの調査結果を、民間の野生生物取引監視団体、トラフィック(本部・英国)が10日までにまとめた。
 マッコードナガクビガメというこの亀は1994年に新種と確認されたばかり。わずか10年余のうちに、絶滅の縁に追い込まれたことになる。
 トラフィックの調査に、インドネシア国内の業者は亀が日本にも送られていると証言。直接の関連は未確認だが、日本国内でインターネット上のオークションや通信販売などで売られていたことも確認された。
 トラフィックは「国際的な違法取引の監視態勢を強化しない限り、近い将来にこの亀は絶滅する」と警告した。
(共同通信) - 2006年2月10日17時29分更新

なんだかはっきりしないニュースですね。確かにマッコード(Chelodina mccordi)は現地では絶滅寸前(もともと1つの池にしかいないという話もきいたことがある)で、Chelodina属のCITES種第1号になってます。それがすべて日本の市場のせいかなぁ?確かに以前はWCがインドネシア経由で輸入されてたかもしれないけど、今日本に新しく入って来てるのは全部CBじゃん!ヨーロッパでは繁殖法が確立してるしね。そんなことより水ガメがもっとたくさんくらせるような環境保全が第一でしょう!でもロタ島の開発事情はよくわかりませんが...。いずれにせよ大切に飼おうっと。
ちなみに日本でも海外でも「ニューギニアナガクビ』で売ってるのは全部、マッコードです。
あ、こんなこと書くとまたマスコミが喜んで叩きそう
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9f0071657_17115398.jpg
# by acanthochelys | 2006-02-15 22:41 | マッコードナガクビ | Trackback | Comments(1)