みゅ〜けりす
いよいよ5月、九レプの季節です!
日中は、汗ばむほどの陽気ですね。

夏に向けて、そろそろエクストラクリーパーの原稿を書かないといけないのですが....。

で、いろいろ調べていて、オーストラリアのショートネックにMyuchelysという新属を定義するという論文が、今年の3月に出版されていたことを発見してしまいました!

前回のエクストラクリーパーの記事では旧Elseya属のノコヘリカブトガメのグループをWollumbinia属として紹介しました。このグループが他の大型になるカミツキカブトタイプのElseyaとはかなり異なることは誰もが認めていたこともあり、この属名はオーストラリアやヨーロッパでは割に浸透していたのですが....。

2009年3月に本場キャンベラ大学のArthur Georges(ベリンジャー川のカブトガメの種名になっている人物ですね)らがノコヘリカブトガメグループに対して新属Myuchelysを定義するという論文を発表したのです。つまり真っ向からWollumbiniaという属名を否定しています(というか全く文面には登場しない)。つまりWollumbiniaを提唱したWellsの根拠となる文献がきちんとした記載論文の体裁をとっていないことが問題になっているようです。当然Georgesらは新属を設けるに足る差異があることを他のショートネッックのグループと比較して細かく議論しています。

....ウーム、今後どうなっていくのかよくわかりませんが、早いところどちらかに定着して欲しいですね。今回のような属をきちんと再定義することが科学研究としては必須なのは理解できますが、既に浸透しつつあったWollumbiniaの属名を保守するという方向性はなかったのかなぁ、と部外者としては考えてしまいます。ま、いろいろ事情があるんでしょうねぇ...。

以下敢えて併記します:
Muchelys latisternum
Wollumbinia latisternum
Elseya latisternum
f0071657_23382740.jpg

(昔うちにいたコです)

Muchelys latisternum
Wollumbinia latisternum
Elseya latisternum
f0071657_23314587.jpg

(チェコで見た個体)

Muchelys purvisi
Wollumbinia purvisi
Elseya purvisi
f0071657_23322696.jpg

(ときわ台IFで見た個体)

Show of the day:
RC Succession
04/05/80
Kubo Kodo, Tokyo, Japan

Kiyoshiro RIP!!
I really miss you;(
by acanthochelys | 2009-05-05 22:10 | カブトガメ類
<< 名古屋のオージー + ペルシオ... 標本シリーズ3-カエルガメ編〜... >>