マキシマムドライブ!じゃなかったマキシマムカード
 生き物はそれほどかわりばえしませんので....

f0071657_10272161.jpg

 最近ネットオークションでゲットした、ロンギ(オーストラリアナガクビ)の切手+絵はがきです。オーストラリア発行の通常切手で、発行数も多いので、ご存知の方も多いかもしれません。絵はがきには切手と同じロンギの絵柄が描かれています。

f0071657_10274463.jpg

 消印の絵柄はゴアナで、よく見るとTaronga Zoo Parkとありますね。さらに消印の日付の1982年6月16日は、この切手の発行日です。このように、切手の発行にともなってそれにちなんだ絵柄の封筒や絵はがきに発行当日の消印を打ったものが、郵趣家向けの記念品として売り出されることがありまして、封筒の場合は初日カバー、絵葉書の場合はマキシマムカードと呼ばれます。

 以前にも書きましたが、僕は曲頚類の切手の収集もしています(そもそもそれほど種類は発行されてませんが)。この切手自体は珍しくないので、もちろん単体では入手済みでしたが、こんな楽しいマキシマムカードがあるとは知りませんでした!

 切手に使われるカメの絵柄は、実物とは随分かけはなれたものが使われることも多いのですが、このロンギ切手は、目つきが悪いけど、甲羅の感じはバッチリで、お気に入りの絵柄でした。絵葉書の大きい図版で細かいところまで見られて満足です:)亡くなった友人宅でこの切手を見せてもらったことが、ぼくが曲頸類切手収集を始めるきっかけになったということもあり、個人的にも思い入れの強い切手でもあります。

 おまけはまたかよと言われそうな、動画です。



正月に留守にしている間に、まるっきりエサを喰わなくなっていたウォレルマゲクビ(Emydrua s. worrelli)ですが、なんとかここまでは復活しております。

年明けすぐの頃はエサは全く食べず、便は真っ白で綿のようでした。とりあえず温度を28度に上げて、それでも変化が無いので抗生物質を2度注射してみたりしました。その後、乾燥エビは食べるようにはなりましたが、ペレットは一切口にしないのがしばらく続いてたので、CBで効果は期待薄だけど駆虫でもしてみるか、それともUVか?なんて思っていたところ、2月頃からペレットを食べ始めました。

今はよく食べるようにはなりましたが、ご覧のように以前に比べひどくビビりになってしまいました...。

Show of the day:
Missing Man Formation
08/24/97
Lagoon Park, San Rafael, CA
by acanthochelys | 2010-04-22 08:01 | 曲頸類グッズ
<< 流出ビデオ??(笑) 勢揃い&お知らせ >>