始まってます。
ベランダのロンギが4匹ほぼ同時に脱皮しました。この脱皮のシンクロは、ナガクビ飼育者がよく経験する不思議の一つ。うちでは、マッコ水槽でもちょくちょく脱皮がシンクロします。甲板の脱落を促すようなフェロモンのようなものでもあるのかな、と想像してしまいます。
脱皮前↓
f0071657_0474836.jpg

f0071657_0482519.jpg

脱皮後↓
f0071657_0491258.jpg

f0071657_0493952.jpg

上の写真のコは以前、王様のゴッドハンドで目にできた腫瘍の摘出を受けたコ、元お岩さんです。残念ながら片目の視力は失われてしまったようですが、ご覧の通り元気にくらしております。

台風接近もあり、福岡は先週は天候不順でした。もしやと思って探ってみるとロンギの卵を水中から4個回収できました。幸い割られたものは無かったみたい。でも4個ってことはなさそうなので、当分は要チェックです。

先週末から北九州市立いのちのたび博物館で夏の特別展「世界の両生類・爬虫類大集合!」が始まりました。

展示の様子です。
王様のヒラリーカエルガメ(Phrynops hilarii)。ちょっと窮屈そうですね...。
f0071657_0501610.jpg

王様のブラジルヘビクビ(Hydromedusa maximiliani)。ここなら暑い夏も安心ですね。
f0071657_0505828.jpg

うちのクロハラヘビクビ(Acanthochelys spixii)6号。
f0071657_0511870.jpg

ぼくの仕事場から出張のチリメンナガクビ(Macrochelodina rugosa)。エサには活ドジョウをもらってるそうで、帰ってきたときにはすっかりゼイタクになってるかも...。
f0071657_0515696.jpg


カメ以外にもヘビ、トカゲ、両生類(うちのサイレンたちもいます)が展示されています。目玉は岩国のシロヘビさまと、メキシコから来たガラガラヘビ軍団です。

よく考えれば、動物園の爬虫類館でも70種も展示されてるところってそう無いはずですよね。貴重な機会ですので、近くの方も遠くの方もぜひお越し下さい。
よろしくお願いします。

おまけはビクトリアアカミミ(Emydura victoria)の食事シーン。

ランチュウの餌が大好きです。でも太りそうなので、たまにしかあげません。

Show of the day:
Lou Reed
10/29/76
Orpheum Theatre, Boston, MA
by acanthochelys | 2011-07-26 22:45 | ヒガシナガクビ(ロンギコリス)
<< そうだ、京都へ行こう。 いのちのたび >>