もう一つのビクトリア
先週末はJRSで盛り上がったようですね。オブロンガやラティスなんかも密かに姿を見せてたようですが、そんな流れに一切乗ることなく暮らしております。

実は最近、前々から気になっていたコを迎えることができたんです。
f0071657_2534710.jpg


もう一つのビクトリアです。
ビクトリアはビクトリアでもアフリカンの方。
「ダーウィンの箱庭」ビクトリア湖からやってきた、
ビクトリアハコヨコクビ(Pelusios williamisi williamsi)です。

f0071657_2542376.jpg

クリイロやアダンソンに比べると、顔つきがずっとイカツくて、いわゆる悪人顔です。
吻や頬の地色はピンク色〜朱色、目の下にも明色のラインが入ってなかなかの美種だと思うのですが….。ちなみに目の下のラインは他種のPelusiosにはない本種だけの特徴です

一件クリイロにも似た背甲ですが、中央が少しつぶれた形で、やはり違います。
f0071657_2545778.jpg

f0071657_2553676.jpg


数年前に一度来たきりで、その後さっぱり音沙汰がなく、やっぱり欲しかったな…と思っていたところで、ひょっこり出物がありました。

顔の赤いとこなんかは本で見るのと全く同じなので、インボイスどおり基亜種ということにしておきます。25cmほどになる種で、成長してさらなる悪人面になっても、頭部の赤みは残るようで楽しみです(参考リンク)。

今回現物を落ち着いて観察してみて気づいたのですが、この種は腹甲の前葉が非常に大きくて、背甲より前に飛び出しています。
f0071657_2561721.jpg

真横から見るとこんな感じ。
f0071657_2564071.jpg

Turtle of the world等にもそのような記述がありますが、非常に特徴的です。
そういう目で見ると他の個体の写真(コレとかコレ)も同じく腹甲前葉が前方にせりだしていますね。

こんな特徴は他のPelusios属にはない気がします。腹甲の前葉が大きいということはハコとして閉じるのに都合がいいということなのでしょう。
でもこのコは栄養がよいためか、閉じません….。

しかしこの名前はやはり間違えやすいですね。亜種全体をまとめるとウィリアムスハコヨコクビとなってカエルガメと混乱するし…。

おまけはビクトリアつながりということで、2009年に来てた方のビクトリアアカミミマゲクビ(Emydura victoria)。
f0071657_2572684.jpg

2010年に来た方の、見事に赤い図鑑通りのビクトリアにすっかり食われてしまった感がありますが、こういう”イエロータイプ”も確かにいるようです(たとえばコレ)。こちらも「もう一つのビクトリア」ってことで差別しないであげて下さいね。

Show of the day
Grateful Dead
04/06/82
The Spectrum, Philadelphia, PA
by acanthochelys | 2011-08-11 02:59 | ヨコクビガメ類
<< 国産オブ様ご近影 そうだ、京都へ行こう。 >>